ヴァイオリン、ギター/ガジェット情報メディアHybrid Hobbysへようこそ!

FUJI FEATHERのサドルを交換してみた感想【SELLE ITALIA SLR】

こんにちは、Yuukiです。

ワクチンも無事に終わってしばらく経ち、平和な夏休みを過ごしています。

自分は基礎疾患枠で早めでしたが両親も1回目が終わって10日が経過し大分心理的に安心と言ったところです。

2回目は案の定高熱が出ましたがすぐ良くなると分かっているのと風邪やインフルエンザなどの上気道症状がまったく無かったのであまり辛くありませんでした。

若い世代の知り合いも続々と接種が始まったようなので国内の状況もこれで大分落ち着いてくると思います。

Twitterなどで5Gとか言ってますが…ネタだよな?

FUJI FEATHERのサドルを交換

FUJI FEATHERのサドルは純正は肉厚なレザー調のものが付属していますが、これは重く、質感もそこまで良くなく、おまけに腰を乗せる時に服が引っかかりやすく使いにくいものでした。

DSC_0905

サドル単体の写真を撮っていないのですがこういった形状のものです。見た目は悪くないと思いますが…

これをSelle Italia SLRのものを中古で購入して交換してみました。

DSC_1037

全く同じ物が見つからないのですが、SLRなら基本的に同じ様な形状なのでしょうかね?ロードも同じSelle Italiaのチームエディションに変えましたが概ね同じ様な印象です。(穴開きなので全く同じでは有りませんが)

サドル本体の感じ

重量もかなり純正と比べて軽いですし、薄型になっているのでサドルを持って自転車を持ち上げる時などの取り回しもしやすいです。

薄いのですが剛性感がしっかりあるためたわんだりせず、流石有名メーカーのそれなりの値段がするサドルだと感心。

レールはアルミかなにかの金属製で扱いに特に気を使うものではないのですが、より軽量なカーボンの物だと締め付けトルクなどに注意が必要になるかと思います。

チタンとかカーボンの方が見た目も機能も良さそうですけど値段が跳ね上がりますね…

乗ってみた感想

まず跨った段階でかなり安定するようになりました。

サドル自体はスリムで小さめの印象ですが、坐骨?にしっかりフィットする印象で非常に安定するように。

降りた状態から腰を乗せる段階でも引っかかりが無く非常に座りやすいです。

あらゆる面で純正より良いと思いました。

見た目

クロモリロードで競輪風な見た目のFEATHERですが、少しスポーティ路線にしたかったのでこのサドルを選びましたが、かなり狙い通りの見た目になりました。

DSC_1042

ハンドルもロングライザーなのでレトロ競輪風だった純正と大分違った印象です。

DSC_0905

純正は渋いですね。

まとめ

純正のFEATHERのサドルは見た目はクラシックですが機能的にあまり上等な物ではないですし、簡単に変えられるカスタムなので何か変えたい時は手軽に変えられて良いと思います。すぐ戻せますし。

というか、シンプルなシングルスピードバイクなので、カスタムする所があまり無いという点はありますね。

ハンドル、サドル、ペダル辺りがすぐ変えられる場所で、ちょっと難易度上がってブレーキとかかな?

そういえば、今シングルフリーで乗っているのですが、やはり固定のピストとして一度乗ってみたいということで今固定コグを取り寄せてもらっています。

FEATHERはしばらくスプライン式といって普通のピストの固定コグと若干違う仕様が続いていたのですが、どうやら2021年後期モデルからはネジ切り式の物が使えるようになったようです。自分のFEATHERもその仕様になっていました。

薄刃とか厚歯とか専門用語が全然わからないためお店にお願いしたのですが、自分で簡単にカスタムできそうですね。

また固定に変えたら感想を書いてみようと思います。

それでは、「FUJI FEATHERのサドルを交換してみた感想【SELLE ITALIA SLR】」でした。

AmazonPrimeでお得におうち時間を楽しもう!

多くの人が利用しているAmazonですが、実はPrime会員になるととてもお得。

非接触配達、最短翌日到着で送料無料のPrime配達が使えて買い物が便利なのももちろん、

PrimeMusicで好きな音楽が沢山聴けたりPrimeVideoで人気のバラエティやドラマ、更に映画も見れちゃいます。

外に出るのが不安でも買い物、エンタメが楽しめて月々お昼のランチ代より安い会費で登録できます。

さらに今なら30日間無料お試しも出来るので是非AmazonPrimeを体験してみてください。

AmazonPrime会員【30日間無料体験】

Amazon.co.jp

最新情報をチェックしよう!