ヴァイオリン、ギター/ガジェット情報メディアHybrid Hobbysへようこそ!

人気No.1サイコン!?Garmin Edge830を使ってみた感想

こんにちは、Yuukiです。

なんだかんだでオリンピックから目が離せません。

自分は一時期はちょっとやめておいたほうが…と思った時期もありましたがやっぱり開催して良かったのではないでしょうか?

TVでなにかしら中継されてるので家でオリンピックを見てステイホームする方が大分多いようで結構外の人出が減っている感じがします。まあ猛暑で危ないのもありますし良いことだと思います。

自転車ロードレースとスケートボード女子を見ましたが素晴らしかったですね。ロードレースはカラパス選手が金メダルという素晴らしい成果!あの上りからのアタックで逃げ切ったのは激アツでした。ポガチャル、ファンアールトも強かったですね〜

スケボー女子は日本人選手が金と銅と素晴らしい成果、金銀は13歳が並んだのもアツかったですね。

解説が良い感じにユルくてツボでした(笑)

Garmin Edge830を使ってみて

ピストを近距離用に購入したということもあり、ロードは往復で20kmを超えるライドの時のみ乗るようにしてるので必ずサイコンで記録を付けています。

使っているサイコンは大定番Garmin Edge830でこれが中々便利なものです。

中々高価な部類のサイコンでありますが、スマートウォッチでGarminを使っているのもあり自分はこれ一択かなと思って迷わず購入しました。

ナビ機能、タッチスクリーン操作が出来る以外は1万円安いEdge530とほぼ同じ機能です。

右に写っている保護フィルムは別に買ったものなので同封はされていません。一応ケースなどもあるようです。

GARMIN(ガーミン) EDGE 530 日本語版 GPSサイクルコンピューター(センサー類付) 004477
ガーミン(GARMIN)

内容物

本体の他にマウント類、心拍センサー、ケイデンスセンサー、スピードセンサー、USBケーブル、説明書などが同封されています。

とりあえずこのセットを買ってしまえば問題有りませんが、Garmin以外のメーカーのライトを同時にマウントする場合別売のパーツが必要となります。

機能

機能についてはあまり詳しく触れませんが、とにかくサイクリング専用に作られているので丈夫、熱や振動にも強く画面が焼けてしまうこともなく、強烈な日差しの中でも画面の視認性が優れています。

今はスマートウォッチやスマホもかなり正確なサイコンとして使うことも出来ますが、やはり自転車を思う存分楽しむには専用のサイコンを使ったほうが良いと思います。

スピードやケイデンスは流石にセンサーを使っていることもありかなり正確ですが、意外とスマートウォッチVivoActive3とスピードなどはあまり差が無かったのでVivoActive3もかなり正確な様ですね。

スマホとBluetooth接続しておけばライド後に自動でGarmin Connectにライド記録をアップしてくれて、そこからStravaなどにも自動でデータが行くので非常に快適です。

Stravaは設定次第でセグメントを表示してくれたりとアスリート志向の方にはたまらないのでは無いでしょうか?

走行中にデータや地図を見る必要がない場合はスマートウォッチというのもアリかと思います。自分はとにかく地図が見たかったのでサイコン一択となったわけですが…

ナビ機能はGarmin Connectでコースを予め作っておくのがスムーズです。ポイントを登録しておいてEdge830上で操作することも出来ますし一応目的地の検索も出来ますが、これがかなり操作しずらくおまけ程度の性能なので、やはりPCでルートを作っておくか、その場でスマホで作成して転送するのが良さそうです。

自分は交通量が多い幹線道路を走るのはストレスを感じるのでナビをする時は設定で幹線道路を避ける様にしています。こうすることで絶対でかい幹線道路を避けてくれるので、信号や曲がる場所は多くなってもかなり快適に走ることが出来ます。とにかく快適に遠くの目的地に行きたい場合は非常に便利な機能です。

ルートをハズレた場合のリルートはやや鈍く、スマホのGoogleMapなどと比べるとやはりやや劣ります。なにか表示された時に元の画面に戻るレスポンスもあまり良くないので、肝心な時にどうでも良い画面が表示されていて困るというシーンがややある印象です。

自分は遠くの目的地に行くためのナビとして使ってるので不満はあまり無いですが、近所を正確な時間で回りたい場合などはストレスを感じるかも。やはり街乗りでナビする場合はそれ用のスマホとかのほうが良いかも知れないですね。

あとはタッチ感度が結構微妙な感じで思うように反応してくれません…自分の場合親指でしっかり操作しないとほぼ確実に変な反応をします。

正直本体のナビ操作とタッチスクリーンが微妙なのでEdge530でも良かったかも知れません(笑)

まあしかし不満がありつつも、とても便利なので概ね満足といった感じですね。

CATEYEのライトを同時にマウントする

自分はCATEYEのライトを使用しているのですが、やっぱりプロ選手のようにフラットなハンドルにGarminだけ飛び出てる感じがカッコいいですよね?

ライトが別についてるとあまりお洒落ではないので、サイコンの下にマウントするものを探したのですが、既製品だとレックマウントのものしか有りませんでした。

レックマウントのものは丈夫でしっかりしてそうですが、お値段もしっかりしているので悩みどころ…あとアームが両出しになってしまいますね。

なのですが、安めのパーツで代用は一応可能です。

Garminのアウトフロントマウントの下部にパーツをボルトで取り付けることで簡単にマウント可能です。

まず、キャットアイ純正のパーツと汎用のライトマウントを組み合わせます。

created by Rinker
キャットアイ(CAT EYE)

この二つは互換性があるので簡単にはまります。組み合わせてねじ止めすればOK。

組み合わさったらボルトでガーミンのマウントと固定します。この際に自分は長めのボルトをホームセンターで調達してそちらで固定しました。M3✖️12mmというもので大丈夫です。ひとつ30円もしないくらいので、全部のパーツで1500円しないくらいの費用ですね。

ガーミンのアウトフロントマウントの下が出っ張ってるためピッタリ気持ちよくはまりはしないのですが、しっかり固定はできるので大丈夫です。あまり締めすぎると破損しそうな感じなので、適度に締める程度で大丈夫だと思います。心配な場合はたまに増し締めすれば良いと思います。

ライトの角度も調整可能で軽量、目立たず文句ありません。おすすめのカスタムですね。

自転車用カメラマウントがそもそもかなり汎用性があるようなので、CATEYE以外の各社ライトが使えるようです。

Garminのサイコンで制御できるオートライトだとこういう手間も無くしっかり互換性が有ってなおかつ明るいので、お金があればそちらがおすすめですね。結構高額ですがCATEYEのVOLT800とかもまあまあ高いので、Garminのサイコンを使う場合はむしろお得くらいになるのかもしれません。

まとめ

不満点は少々ありますがそれでもやはりあって便利なものがこの手の高級サイコンだと思います。

下位モデルはモノクロ液晶でナビもありませんし、より高級なモデルはやや設計が古いようなのでやはりこのEdge830か、Edge530がGarminでは一番おすすめと言えるかと思います。

Edge830かEdge530かですが、多分530で十分だと思います。追加されてる部分がおまけ程度の上に使い勝手が微妙というのも有り、むしろ物理ボタンの方が使いやすいかも知れず、あと530はセンサー無しの安いパッケージもあるのでセンサー類を持ってる方は基本530で良いと思います。

梅雨明けしてロングライドするか!と思いましたが暑すぎて逆にロングライドは厳しそうな感じがあり…秋になったら挑戦してみようと思います。

それでは、「人気No.1サイコン!?Garmin Edge830を使ってみた感想」でした。

AmazonPrimeでお得におうち時間を楽しもう!

多くの人が利用しているAmazonですが、実はPrime会員になるととてもお得。

非接触配達、最短翌日到着で送料無料のPrime配達が使えて買い物が便利なのももちろん、

PrimeMusicで好きな音楽が沢山聴けたりPrimeVideoで人気のバラエティやドラマ、更に映画も見れちゃいます。

外に出るのが不安でも買い物、エンタメが楽しめて月々お昼のランチ代より安い会費で登録できます。

さらに今なら30日間無料お試しも出来るので是非AmazonPrimeを体験してみてください。

AmazonPrime会員【30日間無料体験】

Amazon.co.jp

最新情報をチェックしよう!