SENNHEISER HD650 ヘッドホン レビュー

SENNHEISERのヘッドホン、HD650をゲットしたのでレビュー。

 

Sennheiser HD650はいわゆる高級ヘッドホンの中でも非常に評判が良いモデルで、20年近くロングセラーになっていた。

後継機?のHD660Sが発売されてから残念ながらディスコンになってしまったのだが、HD660Sとは音の傾向がやや違うようである。

HD800を始めとする超高級ヘッドホンよりは安価だが、それでも実売で5万近くするため、中々手を出せなかったのだが、オークションで安く出ているのを発見し購入。

 

今日来たばかりなのだが、何時間か聴き込んで音の感じはわかったのでレビューしてみる。

 

外観

 

 

まずしっかりしたケースに入っている。このケース自体はそこまで高級感は無いが、堅牢性はあると思われる。割と大きめのケースである。

 

 

ドイツのメーカーらしく、質実剛健な感じで派手さは無いが、中々高級感がある。

枠がメタリックシルバーのラメ塗装になっており、これがなかなか良い。

 

開放型を強調する外側のメッシュが特徴的。

コードが両出しになっているが、純正のケーブルは重くないため、特に違和感は感じない。

 

イヤーパッド、ヘッドバンド部は柔らかいベロア素材で、質感が良い。

 

この外観からして落ち着いた印象を受ける。奇抜なデザインでないため、誰が見てもマイナスなイメージは受けないだろう。

 

音の傾向

中古で買ったので前オーナーがエージングは済ませていたようである。最初からいい音だった。

 

SENNHEISERらしい重心が低いサウンドで、柔らかくシルキーな低音が特徴的。

低音寄りといってもBeatsの様なボンボン鳴る感じでなく、しっとりと質感の良い低音である。

中高音もしっかり出ているが、全体的に分厚く、キンキンしない。解像度も非常に高く、輪郭ははっきりしている。

低音がマイルドで太いが、こもっている感じではない。

ヴァイオリン、チェロなどの弦楽器の再現度が非常に高い。弦楽器の箱鳴り、中域のしっとり感がよく出ている。

ヴァイオリンはヘッドホンで再現するのが難しく、キンキンしがちだが、実際の音のあの感じがよく表現来ていると思った。

 

ヴァディム・レーピン、リッカルド・シャイーのブラームス・ヴァイオリン協奏曲を聴いて驚いた。今までレーピンのヴァイオリンの音は細い感じと思っていたのだが、太く衣擦れのような美音が広がる感じである。彼のグァルネリ・デル・ジェスの渋い音がよく再現されている。

音場も広く、オーケストラの空気感もよく出ている。定位感も良い。

全体的に解像度が高く、定位も良く、音がハッキリ聴こえるのだが、中低音の上品なまろやかさで聴き疲れしないという印象。

 

ケーブルのタッチノイズはややあるが、室内で聴くヘッドホンなのでそこまで問題にはならないだろう。

 

アンプ、高品質なUSBDACは必須

インピーダンスが非常に高く、音量が取りづらいため、PCのオンボード、スマホの出力だと上手く鳴らせない。

仮に音量がとれたとしても、音が細くなってしまい真価を発揮できないだろう。

私はRolandのオーディオインターフェース、Rubix22からmarantzのプリメインアンプに繋げて聴いている。Rubix22のみでも鳴らせられるが、marantzに繋げたほうが太く、パワフルに鳴る感じである。

marantzのアンプはK240Sの時点で非常に音が太く、柔らかくなるので、買う前はこのHD650だと柔らかくなりすぎるかなとも思った。しかし太くは鳴るが、ぼやける感じは無く、非常に相性が良かった。

DTMをやる人で良いオーディオインターフェースを持っていればそれでも良いと思うが、やはりパワフルなヘッドホンアンプ、USBDACからしっかり鳴らしたい。

FOSTEXのHP-A8辺りがあれば問題なく、いい音で鳴らせられるだろう。

 

クラシックを聴く人にとってはベストバイ

先程も書いたとおり、クラシック、特に弦楽器の音が上手い。

しかし、現代的なEDM、ポップスを聴くのにはどうだろう?そういうハッキリした音の音楽には別のヘッドホンの方がいいかもしれない。しかしハードロック、ブルースあたりは結構良いと思う。バンドサウンドには案外合うと思われる。エレキギターのMIDが多く含まれているサウンドには相性が良さそうだ。

 

クラシックを聴く人には文句無しでおすすめ。美音系のヘッドホンなので、各楽器の音が綺麗に再生されるだろう。私ももっと早く買っておけば良かった…

 

我が家のヘッドホンたち。有線のオーディオテクニカ ATH-A900、AKG K240Sと、BluetoothのJabra Move、PHILIPS Fidelio M2BT

 

DTMをする時はK240Sを使うが、ATH-A900は出番がなくなったかも。

 

2018年3月のデスクトップ、機材晒し

デスクトップを整理しました。

Macメインマシン化

以前のメインPCであったWindowsマシンを売却し、Macをメイン機に変えた。

Windowsを売った理由はあまりに不安定だったから。Windows Update後にグラボで不具合が頻出し、いつ電源が落ちるか分からないような状態だった。

クリーンインストールしたら少しマシになったのだが、どうせゲームも最近やらないし、お小遣いにしてしまおう(笑)と思って売ってしまった。そんなPCを売って大丈夫か?と思うかもしれないが買った人も自作の心得があると思うので、その程度は気にしないと思われる。実際オークションは問題なく取引できた。

 

ちなみに以前のデスク周りはこんな感じ

これはこれで秘密基地感があって良かったのだが、YAMAHA THRアンプを操作するのが面倒だった。(THRも売却)

 

MacはWindowsユーザーからすると信じられないほど安定しており、また周辺機器も煩雑にならず、シンプルにまとめられる。

USBオーディオインターフェースなんかもドライバ無しでちゃんと動くので、その辺は本当に便利である。

DTM作業をするときなんかにオーディオインターフェースの相性問題とかで落ちるととても困る。DTMはたまたま非常に良いテイクが録れたらすぐ保存しないと危ない。

 

オーディオ周り

中華アンプのLepyではなく、マランツのプリメインに変えている。これは以前から持っていたものだが重く場所をとるため一時期使用せずしまっていた。

しかしなんとなくまた繋いだ所非常に音が良い!ヘッドフォンを繋いでも明らかに音が太く、広がりが出る。暖かく柔らかい系の音で、これぞ良いアナログアンプという感じである。

デスクに乗せると邪魔だし、排熱の問題があるためピアノ椅子に置いてある。

上にはRubix22。このRubix22の音が良いからマランツも以前よりいい感じがするんだな。BEHRINGERはやっぱだめだ。Rubix22単体でも非常にクリアで太いが、マランツを通すと聴きやすさと音場がよくなる感じである。

 

ちなみにギターシールドだが、今日届いたベルデンの8412を挿している。これは評判通り太くパワフルな音で、結構音作りを変える必要があると思った。今まではライブラインの白いシールドと、イングヴェイモデルのシールド。イングヴェイモデルのシールドは結構ハイがしっかり出てハイファイな印象だが、真っ赤で主張が激しすぎる(笑)

 

ギターラックも導入。サウンドハウスブランドの7本掛けでギターケースとバイオリンケースも立てかけてある。

 

MacBookProは普通のUSB端子が無いため、メインで使うにはハブが必須。USB-CのハブとアンカーのUSB3、7ポートハブを併用。

HDDケースはケーブル一本で2つストレージを繋げられる物を使用している。

 

Rubix22にインターフェースを変えてから音楽を聴くことが増えた。再生ソフトはGoogle Play Musicか、Audirvana Plus3。Audirvanaは2の時にライセンス購入したんだけど3になったのでまたアップデート購入しないといけないらしい。永久ライセンスにしてもらいたいものである。今はとりあえず試用版だが、多分購入すると思う。音はやはり全然違う。アップコンバートも出来るし。

 

しかし最近はお金を使いすぎている気がする。お小遣いの範囲でやりくりはしてるが、貯金もしたいので自重しないと(笑)

Roland Rubix22 オーディオインターフェースのレビュー

オーディオインターフェースをBEHRINGER UM2からRoland Rubix22に変更した。

 

BEHRINGERのUM2は3000円前後という衝撃プライスで、コスパに優れているインターフェースであったが、ちょっと真面目に録音やDTMをすると不便な事が多かった。

まずノイズ、負荷がかかるとすぐバリバリ言う。6トラックくらいDAWでプラグインを立ち上げたらノイズだらけでまともに音が出なくなった。

レイテンシーもまあ値段の割には頑張っているが、リアルタイムでエフェクトを掛けるような使い方だと厳しい。

 

私はギター、ベースをラインで録音したかったので、掛け取りが出来ないのは少し困る。

 

なのでこの辺が潮時かと思い、使用頻度が減っていたWindowsPCとモニターのセット、アンプなどを売って資金にしてRolandのRubix22を購入。

 

RolandのRubix22にした理由は、メジャーなメーカーの一番新しい製品だったから。

 

オーディオインターフェースはよく分からないブランドだと怖い。相性問題などでサポートに連絡したりする時に、やはり大手のほうが心強いのである。

Rolandだと皆使っているし、レビューも多く、まずハズレが無いと思われた。

 

音が太い!

買ってきて開封、早速Macに繋いだ(Macはドライバ不要)

とりあえずヘッドホンで音楽を再生すると、非常に音が太い!

太いと言ってもぼやけている感じではなく、芯がしっかりしており、クリア。

音自体が広がりがあり柔らかい印象。しかし解像度も高い。

 

これは…まさにハイレゾ時代の音!

 

やはり新製品だけあって、音は最先端である。今まで使ったどのインターフェース、DACと比べてもダントツで音が良いと思う。

 

安定性も抜群

早速Logic ProXで運用してみたが、抜群の安定感で、レイテンシーも大分詰められる感じ。

Amplitubeの掛け録りでもはっきりクッキリした音で、リアルなアンプを弾いているようである。

BEHRINGER UM2の時はどうしても一瞬遅れて音が出る挙句、なんだかボヤけた音であったが、このRubix22を通すと非常にコシがありはっきりした音で、綺麗に録れる。

 

マイク録りはまだ試していないので何とも言えないが、ラインでここまで良いので多分良いのではないかと思う。

 

ここまで音が良く安定していると、ハードのシミュレーターは必要ないのでは?とも思う。

 

音楽再生時もクリアな音

音楽再生でも非常にクリアでいい音で聞ける。192kHz/24bit対応なのでハイレゾ音源も再生できる。

Audirvana Plusでアップコンバートした擬似ハイレゾでヴァイオリンのソロを何曲か聴いてみたが、きつい感じが無く非常に聴きやすく綺麗な音だった。

 

 DTM初心者にもおすすめ

Rubix22は1,700円前後と、スペックにしてはまあまあな値段だが、DTMソフトAbleton Live Liteも付いているため、初心者にもおすすめできる。

音の面では文句無しでおすすめなので、今までオンボードサウンドだった人はびっくりすると思う。