Roland Rubix22 オーディオインターフェースのレビュー

オーディオインターフェースをBEHRINGER UM2からRoland Rubix22に変更した。

 

BEHRINGERのUM2は3000円前後という衝撃プライスで、コスパに優れているインターフェースであったが、ちょっと真面目に録音やDTMをすると不便な事が多かった。

まずノイズ、負荷がかかるとすぐバリバリ言う。6トラックくらいDAWでプラグインを立ち上げたらノイズだらけでまともに音が出なくなった。

レイテンシーもまあ値段の割には頑張っているが、リアルタイムでエフェクトを掛けるような使い方だと厳しい。

 

私はギター、ベースをラインで録音したかったので、掛け取りが出来ないのは少し困る。

 

なのでこの辺が潮時かと思い、使用頻度が減っていたWindowsPCとモニターのセット、アンプなどを売って資金にしてRolandのRubix22を購入。

 

RolandのRubix22にした理由は、メジャーなメーカーの一番新しい製品だったから。

 

オーディオインターフェースはよく分からないブランドだと怖い。相性問題などでサポートに連絡したりする時に、やはり大手のほうが心強いのである。

Rolandだと皆使っているし、レビューも多く、まずハズレが無いと思われた。

 

音が太い!

買ってきて開封、早速Macに繋いだ(Macはドライバ不要)

とりあえずヘッドホンで音楽を再生すると、非常に音が太い!

太いと言ってもぼやけている感じではなく、芯がしっかりしており、クリア。

音自体が広がりがあり柔らかい印象。しかし解像度も高い。

 

これは…まさにハイレゾ時代の音!

 

やはり新製品だけあって、音は最先端である。今まで使ったどのインターフェース、DACと比べてもダントツで音が良いと思う。

 

安定性も抜群

早速Logic ProXで運用してみたが、抜群の安定感で、レイテンシーも大分詰められる感じ。

Amplitubeの掛け録りでもはっきりクッキリした音で、リアルなアンプを弾いているようである。

BEHRINGER UM2の時はどうしても一瞬遅れて音が出る挙句、なんだかボヤけた音であったが、このRubix22を通すと非常にコシがありはっきりした音で、綺麗に録れる。

 

マイク録りはまだ試していないので何とも言えないが、ラインでここまで良いので多分良いのではないかと思う。

 

ここまで音が良く安定していると、ハードのシミュレーターは必要ないのでは?とも思う。

 

音楽再生時もクリアな音

音楽再生でも非常にクリアでいい音で聞ける。192kHz/24bit対応なのでハイレゾ音源も再生できる。

Audirvana Plusでアップコンバートした擬似ハイレゾでヴァイオリンのソロを何曲か聴いてみたが、きつい感じが無く非常に聴きやすく綺麗な音だった。

 

 DTM初心者にもおすすめ

Rubix22は1,700円前後と、スペックにしてはまあまあな値段だが、DTMソフトAbleton Live Liteも付いているため、初心者にもおすすめできる。

音の面では文句無しでおすすめなので、今までオンボードサウンドだった人はびっくりすると思う。

AKG K240Studio、ウィーン育ちの上品サウンド

こんばんは、yuukiです。

このブログでは何度かヘッドフォンを取り上げてレビュー記事を書いていますが、最近お気に入りのヘッドフォンを紹介しようと思います。

 

AKGのK240Studioです。Studioの名の通り、主に音楽制作用として生産されているモデルです。

しかし、抵抗値が高めでやや音量が取りづらいという面はありますが、一般ユーザーの音楽鑑賞用としてもかなり好まれています。

 

値段は7000円前後と、かなりリーズナブルです。しかし音の質感は、やや大げさではありますが、SENNHEISERのHD650にも比類しうる質感を持っていると思います。

 

SENNHEISERとAKGは音作りが結構違いますが、両方共クラシック、ジャズなどややおとなしめな音楽に向いている所は似ています。

あえて言うなら、より滑らかで、迫力があるのがSENNHEISERで、繊細な上品を持っているのがAKGというイメージでしょうか。

よく言われるのが(何方もクラシックですが)交響曲、協奏曲はSENNHEISER、室内楽はAKGが良いなど…

 

もちろん、AKGでレゲエやヒップホップを聞いても、SENNHEISERでヘヴィメタル、ハードコアを聴いても問題ないし、それはそれで上手く鳴らすのが流石なのですが、とりあえず両社ともクラシック系がより得意というのは事実でしょう。

 

今回紹介するAKG K240Studioはクラシックの小品、特に弦楽器が含まれる室内楽にベストマッチでしょう。もちろんロックも良いですよ!

 

今この記事を書いている時に聴いている、オーギュスタン・デュメイのフランクのソナタなどは、まさに得意分野でしょう。

【視聴環境 Foobar2000 Flac音源→BEHRINGERのオーディオIF】

デュメイはフランクをよく弾いていますが、中でもこのマリア・ジョアン・ピリスの伴奏の格別でしょう。

彼のGuarneriかStradivariか、とにかくオールドヴァイオリンの衣擦れのような美音をよく表現しています。ピリスのダイナミックながらも温かみのあるピアノの響きとヴァイオリンの倍音が上手く混ざり、力強さがありながらも優しい雰囲気を出しています。

AKGのヘッドフォンは、ヴァイオリンの高温を結構忠実に再現しています。よくあるステレオやヘッドフォンは、ヴァイオリンのE線(一番上の弦)の高い音を柔らかく表現しがちですが、実際のヴァイオリンのE線ハイポジションは一般に思われているよりやや神経質な音がするものです。

AKGはあのカサカサした神経質でヒステリックな音を良く表現しています。特に、K701はそれが顕著です。K240Studioも当然その傾向があり、ヴァイオリンのカサカサ音をよく表現しています。

G線ハイポジションのズズッという音は大体のヘッドフォンで表現されていますが、E線はきつい感じになってしまいがちなので控えるのでしょうか?

フランクのヴァイオリン・ソナタの3楽章-Recitativo-Fantasia-の緊張感と悲壮感から、希望に向かって進むメロディを表現するヴァイオリンとピアノの音を、誇張せず表現しています。

 

やや抽象的になってしまいましたが、要するに、AKGはの音作りというのは、音楽を聴く上でやや違和感がある、高音のざらつきを表現するため、クラシックに向いている~特に弦楽器を含む室内楽~と言われるのかもしれません。

 

箱はまあこんな感じで、高級感はありません。普通の段ボール箱です。

 

スタジオ用途ではどうでしょうか?少なくとも、ヴォーカル録音やアコースティック楽器のモニタリング録音は難しいと思います。半開放型なので、音が漏れます。

その他のDTM作業にはかなり良いと思います。日本だとSONYの900STが主流ですが、ヨーロッパはAKGが多いそうですしね。私はあまりDTMを真面目にやっていないのでなんとも言えませんが、脚色が少ない音色はDTMにとっても有利でしょう。

 

音の広がりは半開放型なのもあり、結構広いです。広大というほどではありませんが、少なくとも閉塞感はありません。

替えのイヤーパッドやケーブルも通販などで簡単に手に入りますし、ケーブルは高級なのにリケーブルして楽しむのもいいでしょう。

そういえば、私の個体はビニールのイヤパッドが汗で固くなってしまったため、ベロアのものに交換しています。ベロアだとやや音が柔らかくなるかも?(確証無し)

 

高級ヘッドフォンに手を出してみたいけど、良くわからないし高すぎる!という人は是非AKGのK240Studioを試してみてください。きっとある意味で満足できるはずですし、不満があれば求めてる物が以前より分かるようになるのではないでしょうか。

 

注意点として、このヘッドフォンは抵抗値が高めで、要するにヘッドフォンアンプか、オーディオインターフェイスか、そう言う物がパソコンとの間に必要です。スマホでも聴けなくはないと思いますが、是非ヘッドフォンアンプも合わせてご検討ください。

高価ですが、HP-A4を買っておけばヘッドフォン自体をランクアップしても大丈夫でしょう。

 

ちなみに、私はPCからUSBでこのBEHRINGERの安いオーディオインターフェイスですが、結構いい音で鳴らしてくれますよ!

 

並行輸入品となっていてちょっと不安に感じますが、AKGの輸入元とか、色々ごちゃごちゃしている割に偽物は殆ど無いので、心配いりません。私は大丈夫でした。

余ってたYAMAHAのスピーカーがいい音だったので、二台体制にした。

物置からスピーカーを出してきた

Wharfedale DIAMOND 10.1を買った時に、それまで使ってたYAMAHAのスピーカーを物置に突っ込んでいました。

比較もしないでWharfedale DIAMOND 10.1の方が良い!と思ってたので、全く手を付けてなかったのですが、掃除ついでに出してきてアンプに繋いだら、案外いい音でした。

MS-2500Sという全然情報がない謎のスピーカー。YAMAHAのロゴと日本製という記述が裏にありますが、ネットで調べても出てこないので謎です。。

DIAMOND 10.1はスタンドの安定性が悪く、危ないので、結局机に戻しました。

YAMAHAは横が平面なので、スタンドのウイング部分がしっかり当って、幾分安定してるように見えます。

 

音を比較してみた

DIAMOND 10.1はFX AUDIO D802アンプ、YAMAHAはmarantzのプリメインに繋いでいます。

YAMAHAは最初にLepyの安いアナログアンプに繋いだ時はペラペラの音だったので、イコライザーをかなりいじって、「悪くはない」レベルになるくらいでしたが、marantzに変えたら中域の厚みが増して、中々いい音になりました。

DIAMOND 10.1は輪郭がはっきりしたハイファイな音で、低音もビシっと決まり、特に苦手なジャンルはない様な感じです。

YAMAHAは良く言えば柔らかい、言い方を変えるとローファイで、輪郭も少しぼやけてるし、低音もウーファーが大きい割に出ていません。

しかし、そのふわふわした微妙な感じがクラシックと以外に相性が良かったです。イコライザーでHighを上げるとジャズも割と悪くない。あと個人的に好印象なのがヴァイオリンの倍音成分を含んだ響きが結構いい感じ。

DIAMOND 10.1は凄くビシっと決まってて、定位とか解像度、臨場感も良いんですが、ちょっと整いすぎてる感じもあるんですよね、あまり生っぽくないというか。

YAMAHAの方はコンサートホールのあの微妙な音響だけど迫力のある、ああいう感じがします(笑)

しかし、ロック、アニソン等はあまり良くなかったです。マクロスΔのワルキューレがとまらない、からフレイアの星間飛行を聴いたのですなんだか薄っぺらい感じで、まとまりがない感じ。その点DIAMOND10.1はしっかり音を濃縮して迫力ある音を聞かせてくれるので流石です。

 

最初YAMAHAは一時的に繋いですぐしまおうかと思いましたが、折角なので二台体制にして、ジャンルや気分で聴き分けられるようにしました。

やっぱりDIAMOND10.1の方が明らかに性能が良いし、新しいし見た目も良いですが、YAMAHAの独特な感じも捨てがたいです。

 

結局モニターは一枚に。