Axe-Fx II XL+とKemper、Helixのざっくりレビュー【アンプシミュレーター】

こんばんは、Yuukiです。

今日、楽器店で今流行のアンプシミュレーター

Axe-FXⅡ XL+

Kemper

Helix

を試奏してきました。

 

それぞれ、デジタルハードウェアアンプシミュレーターとしては、最高峰の機材で、プロのギタリストにも絶賛されているものです。

様々なアンプそっくりの音が、かなりのレベルで再現できる夢のような機材です。

結構高額なのですが、音は素晴らしく、私も導入を検討している所です。

今日始めて触って、一時間も弾いていないのですが、ちょっと弾いた感じで解説混じりでレビューしてみようと思います。

 

Axe-FXⅡ XL

参考動画

デジタルアンプシミュレーターで、最初にプロのレベルで注目されたのが、多分Axe-FXだったと思います。

それまで、Line6のPOD等はあったのですが、プロで使えるレベルでは無かったようです。デジタル臭い音、とも言われているのですが、ちょっとモコモコしてヌケの悪い、解像度の低い感じでした。

Axe-FXシリーズは、それまでのアンプシミュレーターとは全く別物の、非常に解像度が高く、実践向けの音で、様々なギタリストのステージ、スタジオで使われています。

 

弾いた感じ、非常に解像度が高くて綺麗な音です。CDの音がそのままモニタースピーカーから出ている感じでした。

アンプそのもの、というよりも、EQやコンプレッサーなどをレコーディング時にかけて、より良い音にしたような出音です。

ピッキングニュアンスや、ギターのボリュームを絞った時の音色の変化も非常に自然です。

MESA BOOGIE、Bognerなどのハイゲイン系はもちろん、クリーン、クランチの音も非常にキレがよく、弾いてて気持ちよかったです。

非常に解像度が高く、鮮明な音なのですが、デジタル臭い感じは今日試した中で一番無く、アンプよりいい音なのでは?と思わせられました。

 

お値段は……388,800 円(2018年1月現在)!ちょっと思いきらないと買えない値段です。SuhrとiPhoneXを買ったばかりなのでやや厳しいです……

Kemper プロファイリングアンプ

参考動画

最近で一番革新的な機材と言われるKemperです。

独自のプロファイリング技術で、どんなアンプでもまるごと音をコピーしてしまうという、これまでの常識を覆したアンプです。

今までのアンプシミュレーターは、Axeもそうなのですが、いくつかのアンプ・モデルがそのシミューレーターの中に入っており、それを自分好みに調整するという感じです。

しかし、Kemperはプリセットで入っていないアンプも、実機を丸々コピーして、取り込んでしまうので、世の中にあるアンプ全て再現できます。新しいアンプももちろんコピーできます。

そのコピーの再現度も凄まじく、その場で比べても殆どわからないレベルです。

FenderやDumbleなどのクリーン系のアンプをコピーして、実機ではありえないほどゲインを上げたり、EQを調整することも出来るので、その辺凄いなぁと思います。

 

試奏した印象は、自然なアンプの感じですね。Axeほど「きれいな音!」では無いのですが、真空管アンプの音が飽和する感じや、コンプレッションがかかった粘る感じの音が再現されていて、これは凄いなぁ(笑)と思いました。

エフェクターは他の2期種よりは控えめですが、ギタリストには十分な感じです。

Axeの音は、DAW上でいろんなプラグインを差しまくって綺麗に整えた感じの音ですが、Kemperは生アンプ感が強いです。

 

お値段はパワーアンプなしで23万ほど、パワーアンプありで30万くらいです。ライブメインの人はパワーアンプ有りの方がいいかも。私の用途では無くてもいいかなと思います。(録音メインなので)

LINE6 HELIX

PODシリーズ等で有名なLINE6のハイエンドモデルです。

操作性が非常に良く、液晶画面が鮮明で、編集が非常にやりやすいです。

今日触った機種の中では唯一、その場ですぐカスタマイズできました。本当に画面が見やすく、直感的に操作できます。

音の感じはKemperやAxeと比べるとやや荒い感じで、ギター単体で聴くと気持ちのいい音ですが、やや解像度が低くデジタル感が感じられます。

ちょっと中域が潰れた感じですね、LINE6のクセがある感じです。

しかしプラグインのアンプシミュレーターやPODよりは格段に良いです。Axeと比べると……というレベルですね。

 

お値段はラックタイプ、フロアタイプともに20万くらい、最近発売になったLTというモデルはフロアタイプで13万くらいです。

まとめ

私の今の環境が、練習用のYAMAHA THR10とプラグインのAmplitube4なので、正直どれでも十分すぎるくらいの音にグレードアップするのですが、予算が許せばAxeですね。

Kemperのプロファイリングは凄いなと思うのですが、Axeが一番綺麗で、いい音と感じました。

Axeは綺麗に広がる感じが凄くて、おお!という感じ。でも、現実的に高価すぎるし、Kemperで音を作り込めば大分良くなりそうなので、Kemperにしようかなと思っています。(Dumbleやディーゼルの音も欲しいし)

HELIXは、いい音なんだけどちょっと決め手に欠ける感じでした。少し足せばKemper買えるし。13万のLTで適正価格かな?

 

私は録音が多く、ライブはやらないので、数ヶ月貯金してKemperを導入しようかなと思います。(今のところ)→Kemper買いました!

Suhrのギターはさすが”ハイエンド”でした。

明けましておめでとうございます。今年も当ブログをよろしくお願いします。

年明け一発目の記事は久しぶりにギターネタ。Suhrのギターを買いました。

 

ギター買い替えすぎ!

ギターは頻繁に買い替えていて、いわゆる機材沼にハマっていたのですが、「思い切って高級な物を替えば満足できるのでは?」と近頃思うようになり、いわゆる”ハイエンドギター”を視野に入れていました。

 

私自身ヴァイオリンはともかく、ギターは家で弾いたりDTMで使ったり、カバー動画を動画サイトに上げる程度なので、分不相応なのでは無いか?と購入後持って帰るあいだも思ったりもしましたが、家で弾き始めたら「もっと早く買えば良かった!」という気分に。。。

 

今まで頻繁に買っていたのはFender系か、またはIbanezなどメタル系の両極端で売り買いを繰り返していたのですが、ハイエンドコンポーネント系は初めてになります。

芯のあるサウンド、ネックの快適さ、見た目の整った感じは流石Suhrです。

特徴

 

 

購入したのはStandard Pro S2というモデルで、ピックアップはSSHでアッシュボディ、メイプルネック、22フレットのシンプルなモデル。

よく高価なギターはトップに杢目バリバリのメイプルを張っていたりして、綺麗だけどちょっとわざとらしく感じることがあります。

このギターはシースルー塗装のアッシュなので派手さはありませんが、素朴な美しさを感じます。深い青が綺麗ですね。

ボディバックの木目も非常に綺麗です。アッシュボディのコンポーネント系ギターっていいですよね。

 

オカダインターナショナルの正規輸入品です。まあショップで買ったのでそりゃそうですね。

 

非常に便利なロック式のペグとメイドインUSAの表記。スパーゼルタイプのロック式ペグですすが、弦交換やメンテナンスが非常に楽になり、チューニングも安定します。

 

スムーズなアーミングが可能な二点止めブリッジは現代風ですね。

 

1Vol,1Tone、5Wayセレクターのシンプルな配線ですが、5Wayスイッチの角度がストラトとやや違います。最初は違和感がありましたが、すぐに慣れました。

Volのトルクがやや軽いので、ピックアップを変える時に触れて音が変わってしまう時があるので、これは慣れが必要ですね。丁寧に操作すれば問題ないのですが。

 

サウンド、弾きやすさ

サウンドの面ではフロント、センターピックアップは非常に芯があるMLシングルコイルで、極上のクリーンとクランチ。ハイゲインも輪郭が潰れず速弾きをしてもクリアなサウンドです。

リアのSSH+ピックアップはハイパワーで、かつ綺麗な歪み方です。Suhrのピックアップはそれ単体でも非常に評価されていますが、確かに素晴らしいです。ダンカン、ディマジオとは大分趣が違った感じです。

リアのSSH+はフロント、センターのMLとはキャラクターが違い最初戸惑ったのですが、フロント、またはフロント+センターのハーフトーンでバッキングしたあと、リアに切り替えてギターソロを弾く時にブーストが掛かった感じです。ある程度エフェクター無しでも結構ゲイン差があるので、中々便利だと思います。

 

ネックはFenderと比べると薄めのEven C SlimというCシェイプです。薄いことは薄いですが、メタル系のギターにありがちなペラっとした感じではなく、丸みが保たれつつ薄い感じです。操作性が良く、速いフレーズなどでもモタつきが減りました。

とにかく、弾きやすくいい音、というのが徹底されている感じです。

気になるお値段は、、定価40万ですが、大分お安く購入できました。普通に考えれば大金ですが、作りや満足度を考えると良いかなという感じです。

iPhoneXも先月買ったばかりで、しばらく節約生活になりそうです。

以下写真

 

Bartók Violin Concerto Nr. 2&Augustin Hadelich(オーガスティン・ハーデリッヒ)

バルトークのヴァイオリン協奏曲は2曲あり、今日紹介するのは2番の方。

 

バルトーク・ベーラはハンガリー生まれの作曲家。やや難解な作風で知られている。

ハンガリーやルーマニア等の民族音楽のエッセンスを取り入れた作風で、直感的になんか難しい感じがすると思う。少なくとも日本人の耳には馴染みがない類。

バルトークはメニューインと交友があり、彼のために無伴奏ヴァイオリンソナタを書いていたりする。

ちなみにハンガリーでは、名前の並びが日本と同じで、姓・名の順。あのフランツ・リストも、ハンガリー表記だとリスト・フィレンツになる。

 

このバイオリン協奏曲は、かなり調性や曲調がつかみにくく、分かりにくい曲だと思う。

何度も聴いていれば慣れる、、と思いきや、何度聴いても不思議な感じなので、こういうものなんだと直接理解するのが良さそう。

ソロの演奏の難易度も非常に高く、数あるヴァイオリン協奏曲の中でもトップクラスに難しい。(そもそも練習の時点で、合っているか分かり辛い)

しかし、バルトークは面白いので、是非食わず嫌いせず聴いてほしい。

 

動画のソリストはオーガスティン・ハーデリッヒ。イタリア出身、ジュリアード音楽院出身で、非常に演奏技術が高く安定している。

映像を見ると、顔が怪我してる?と思うのだが、彼は若い時に火事で全身の大やけどを負ったことがあり、そこから奇跡の復活を遂げている(らしい)

個人的な体験から言うと、本当に死にそうな体験をした事がある人はそうでない人に比べて、ある程度超然としている感じがあり、精神力が強いと思う。

 

話が逸れたが、彼はこの30台前半くらいのヴァイオリニスト達で中でも注目株だと思っている。

一つ一つのテクニックが鮮やかで冴え渡っていて、尚且つ音楽性も非常に高い。

パガニーニを弾いても音楽的で、非常に安定している。

彼はよく室内楽団と共演しているが、ヴァイオリンソロと言うより、自分の音を室内楽の一部としてアンサンブルさせているのが面白いと思う。音楽的にも優れている。

 

彼のCDは無伴奏曲集が凄い。

 

最近この感じの記事が多いですが、書いてて面白いので続けようと思います。

Sibelius Violin Concerto in D minor Op. 47&セルゲイ・ハチャトゥリアン(Sergey Khachatryan)

 

三大ヴァイオリン協奏曲の次辺りに有名なのがシベリウスのヴァイオリン協奏曲。

3楽章形式でどの曲も印象的だが、1楽章が特にインパクトが強い。

フィンランドの寒々とした空をイメージさせる冒頭のフレーズから始まり、徐々にヒートアップし、中間の長大なカデンツァで爆発する。

その勢いを保ったまま後半に突入し、最後にはオーケストラと大音量で締める。

 

2楽章は、ヴァイオリン協奏曲の2楽章の中でもトップクラスの美しい曲。

3楽章は行進曲風のリズムに合わせてヴァイオリンが超絶技巧を披露する。冬のお祭りという感じ。

 

このヴァイオリン協奏曲は、普段演奏されるのは改訂版で、初版とかなり雰囲気が違う。

初版の三楽章冒頭。演奏はマキシム・ヴェンゲーロフ。

 

初版は酷評されたらしく、シベリウスが封印してしまった。

1991年にシベリウスの遺族の許可を取り、レオニダス・カヴァコスのソロで録音している。(カヴァコスはシベリウスコンクールで一位受賞している)

初版は確かにやや冗長な印象を受ける。しかしこれはこれで聞くと面白い。

 

シベリウスはもともとヴァイオリニスト志望だったが、あがり症のため断念し作曲家になっている。この協奏曲が結構テクニカルなのもそういう所が関係している。

 

冒頭の動画のソリストはセルゲイ・ハチャトゥリアン。アルメニア生まれの若手ヴァイオリニスト。彼は幼い頃から国際コンクールの一位を取りまくり、天才と言われている。

やや荒々しい表現と、激しいヴィブラートがかかった太い音が特徴で、かなり迫力のある演奏をする人だと思う。

バッハやベートーヴェンでもこの弾き方なのだが、それでも上手に聴かせる所がやはり超一流だと思う。

 

彼の録音はバッハの無伴奏ヴァイオリン・ソナタとパルティータと、シベリウス、ハチャトゥリアンヴァイオリン協奏曲をお勧めできる。(作曲家のアラム・ハチャトゥリアンと血のつながりはないらしい。確かにスペルが違う)

シベリウスはAmazonに無かった。このアルメニア作品集も中々良い。

バイオリンでライブやセッションに参加する時に便利!「FISHMAN PLATINUM STAGE」

こんにちは、GWは色々遊びまくってきましたYuukiです。

GWもバンドセッション等の機会が何回かあり、バイオリンも持っていったのですが、そこで活躍した機材があるので紹介します。

そのまえに、バイオリンは最近こんな感じになりました。

サブバイオリンに思い切ってピックアップを装着!駒にピックアップが埋め込まれてるタイプのもので、駒をもとに戻してジャックを外せば普通のバイオリンに戻ります。

メインバイオリンは流石に何もいじっていません(笑)

 

FISHMAN PLATINUM STAGE DI&PreAmp

さてこのバイオリンのジャックからシールドをアンプに挿して…という使い方でも良いのですが、音色が大幅に変わってしまったりするので、PA(ミキサー)に音を送るのですが、そのまま送ると音痩せ等、音量の不足が発生するので、プリアンプと呼ばれるものを間にかまします。

そのプリアンプと、DIという電気抵抗値を変えるものが必要になってくるのですが(DIの説明は難しくて説明できないので省きます(笑))

その2つともの機能を兼ね備えた機材が、今回紹介する「FISHMAN PLATINUM STAGE」です!

 

 

大きさは普通のDIを薄くしたような感じです。結構厚みが薄くて軽いです。

ベルトにつけるクリップもあるのですが、床においたほうが安定しますね。

上の面でEQを調節して、側面のミニスイッチでフェイズアウト変換など特殊な操作もできるようになっています。

 

 

すみませんちょっとピンぼけしているのですが…一番上のスイッチがブーストスイッチで、下のスロットルが何デシベルブーストするか選べるようになっています。標準は3デシベルで、最大10デシベルまでブーストすることが出来ます。

一回音量が足りなくて演奏中にブーストしましたが、その時は3デシベルで十分でしたね。比較的狭いスタジオでしたので。

 

 

こちらは入出力と、電源端子、電池ボックスです。ファンタム電源で動くので基本電源端子はいらないのですが、万が一ファンタムが無い現場(あまりないと思いますが…)ではこの9V電源とアウトプット端子を使うことになると思います。

一番右のDIアウトにマイクケーブルをさせばファンタム電源入力と音声出力が同時にできます。

 

実際の使用感

実際、こういうのが無いとPAさんが困るってのがまずあるので、こういうDIプリアンプみたいなものはエレアコ、バイオリンなどでは必需品なのですが、持参すればそれだけでPAさんを安心させることが出来ますね(笑)

あと自分のセッティングを決めて、PAさんをと音出しながら調整すれば結構いい感じの出音になるので、やはりこういうものは便利ですね!

 

 

実際に僕がバイオリンで、ロック系のバンド編成の時に使ってるセッティングです。treble(高域)はバイオリンは結構耳に刺さりやすいので軽く下げ、middleを少し上げ、bassは気持ちだけ上げて、ボリュームは7~8割にしてあとはPAさんに上げてもらいます(ブーストは万が一の保険)Mid freqは基本真ん中ですね。

 

エレアコギターだと又違ったセッティングになると思いますので、参考になれば!

お値段など

僕が買った時はネットのアウトレットで10000円くらいでしたが、大体20000円前後で売られてるようです。

ギターを買いました!~Godin Session LTD~

まえがき

こんばんは、お久しぶりですYuukiです。

最近は色々バタバタしてましてブログを忘れて放置してしまっていました…

今日は最近音楽活動で活躍してるギターを紹介します。

買ったのは3月頃なのですが、結構使っています。

GodinのSession LTD

 

GodinのSessionという少し珍しいギターの、ちょい上のグレードのモデルになります。

といってもピックガードが3Pのパールで、リアPUがDuncanになってるだけですね。

 

 

フローティングは標準で、2点支持トレモロなので動きは良いのですが、アームバーの形が微妙で、あまり使ってません…多分あとで固定しちゃいます。

 

 

後ろのスプリングはESPのスプリングにして、生鳴りが良くなるようにしています。しかしちょっとなりすぎて録音すると残響がうるさいので、調整するかもしれません。

 

コイルタップ機能があり、結構タップした音も良いので、3シングルっぽい音も出すことが出来ます。

音の感じはヴィンテージっぽい感じですね。ハードすぎないロック~ブルース、ポップスなどがちょうど良いと思います。

僕が一番弾くアニソンのジャンルではちょうどいい感じですね。

 

ネックの握りも悪くないし、結構弾きやすいです。

 

サブパートでもやっぱり10万↑のギターは良い

このギターは定価15万くらいで、値引きしてもらって買いましたが、やっぱり10万を超えるとやっと楽器って感じがしてきます。

一桁だと音はいいけど作りが雑であったり、耐久性に難があったりしますが、

10万超えてくると流石に丈夫だし、音も安定しています。

セッションの場などで人に貸したりするのにも恥ずかしくないレベルになってきますね。(壊されないように注意ですが…)

僕はバイオリンがメインで、ギターはサブパートですが、やはりバンドでバイオリンがいらない時とかギター弾いたりします。

キーボードも買って今色々遊んでるので、そのうち紹介します。

 

ちょっと短いですが、今日はこのへんで!

余ってたYAMAHAのスピーカーがいい音だったので、二台体制にした。

物置からスピーカーを出してきた

Wharfedale DIAMOND 10.1を買った時に、それまで使ってたYAMAHAのスピーカーを物置に突っ込んでいました。

比較もしないでWharfedale DIAMOND 10.1の方が良い!と思ってたので、全く手を付けてなかったのですが、掃除ついでに出してきてアンプに繋いだら、案外いい音でした。

MS-2500Sという全然情報がない謎のスピーカー。YAMAHAのロゴと日本製という記述が裏にありますが、ネットで調べても出てこないので謎です。。

DIAMOND 10.1はスタンドの安定性が悪く、危ないので、結局机に戻しました。

YAMAHAは横が平面なので、スタンドのウイング部分がしっかり当って、幾分安定してるように見えます。

 

音を比較してみた

DIAMOND 10.1はFX AUDIO D802アンプ、YAMAHAはmarantzのプリメインに繋いでいます。

YAMAHAは最初にLepyの安いアナログアンプに繋いだ時はペラペラの音だったので、イコライザーをかなりいじって、「悪くはない」レベルになるくらいでしたが、marantzに変えたら中域の厚みが増して、中々いい音になりました。

DIAMOND 10.1は輪郭がはっきりしたハイファイな音で、低音もビシっと決まり、特に苦手なジャンルはない様な感じです。

YAMAHAは良く言えば柔らかい、言い方を変えるとローファイで、輪郭も少しぼやけてるし、低音もウーファーが大きい割に出ていません。

しかし、そのふわふわした微妙な感じがクラシックと以外に相性が良かったです。イコライザーでHighを上げるとジャズも割と悪くない。あと個人的に好印象なのがヴァイオリンの倍音成分を含んだ響きが結構いい感じ。

DIAMOND 10.1は凄くビシっと決まってて、定位とか解像度、臨場感も良いんですが、ちょっと整いすぎてる感じもあるんですよね、あまり生っぽくないというか。

YAMAHAの方はコンサートホールのあの微妙な音響だけど迫力のある、ああいう感じがします(笑)

しかし、ロック、アニソン等はあまり良くなかったです。マクロスΔのワルキューレがとまらない、からフレイアの星間飛行を聴いたのですなんだか薄っぺらい感じで、まとまりがない感じ。その点DIAMOND10.1はしっかり音を濃縮して迫力ある音を聞かせてくれるので流石です。

 

最初YAMAHAは一時的に繋いですぐしまおうかと思いましたが、折角なので二台体制にして、ジャンルや気分で聴き分けられるようにしました。

やっぱりDIAMOND10.1の方が明らかに性能が良いし、新しいし見た目も良いですが、YAMAHAの独特な感じも捨てがたいです。

 

結局モニターは一枚に。