Josef RissinによるSergey Khachatryanのレッスン動画

以前このブログでもSergey Khachatryanを紹介している。そのSergey Khachatryanが学生時代(?)に名教師Josef Rissin(ヨーゼフ・リシン)にレッスンを受けている動画が中々良いので紹介します。




1~3の途中まではショーソンの詩曲、3の途中~5までがワックスマンのカルメン幻想曲のレッスンである。

はっきり言って上手すぎ。10代後半の頃だと思うが、もう先生を超えちゃってると思う。しかしJosef Rissin先生のアドバイスも流石という感じ。

Josef Rissinはプレイヤーとしてはそこまで有名ではないが、何枚かCDを出している。パガニーニコンクール、エリザベートコンクールで入賞歴あり。

名プレイヤーというよりも、名教師として有名である。音大でレッスンもしているようで、各地で若手演奏家向けのマスタークラスも行っているようである。

 

Sergey Khachatryanはこの頃は今よりも尖った演奏で、ちょっとE線ハイポジションなどは派手すぎる感じもする。しかしカルメンを弾き終わったときなんかは凄すぎて、ピアニストと先生が思わず笑っている。このレベルでカルメンを弾ききるのは凄い。

こういった天才系の演奏家は10代~20代の時は派手な表現をしていることが多い。私のお気に入り演奏家のLeonidas Kavakosなんかも若い時は凄い。

この動画の時は20代中盤だろうか?ヒゲが濃くあまり若い印象は受けないが、年代的にはそのくらいのはず。

ちょっと音程外れちゃてるときもあるが、まあパガニーニだし、こういう演奏も良い。若くないとできない演奏だと思う。

 

Sergey Khachatryanはなぜかレッスン動画や若いときの動画がYoutubeに多く、見ていて面白い。

Frank Peter Zimmermann(フランク・ペーター・ツィンマーマン)&Ysaye Violin Sonata No.3, Op.27-3 “Ballade”

フランク・ペーター・ツィンマーマンはドイツ出身の実力派ヴァイオリニスト。人気、実力ともにトップクラスのヴァイオリニストである。

凛々しく、端正な演奏が特徴的。テクニックもずば抜けて安定しており、聴いていて気持ちが良い。

 

このイザイの無伴奏・ヴァイオリン・ソナタ3番はイザイの曲の中でも特に演奏されることが多く、テクニック的にも難しいが、曲調的にわかりやすく、演奏会映えする曲である。バラードとも呼ばれる。

上手な音大生、高校生くらいが弾くことが結構多いと思われる。

私も高校生くらいの時に演奏会で弾いたことがあるが、結構音程が取りづらく、楽器がやや鳴りにくい曲で苦労した。最近も練習はしているのだが、やはり難曲なのは間違いない。

あまり丁寧すぎて硬い演奏になってしまうとこの曲の味は出ず、弾き飛ばしてしまうと何をやっているのかわからなくなってしまう。ある程度の勢いを保ちつつ、しっかりと鳴らして弾くのが重要だと思われる。

 

上の動画はツィンマーマンが割と若い時の録音で、音質があまり良くないが、とてもいい演奏だと思う。

ツィンマーマンはイザイの無伴奏・ソナタを全曲録音している。これが中々の名盤である。

 

弦をドミナント+プリムリサに変更

1月末頃にインフェルド・レッド(E線ワーシャルブリリアント)にメイン楽器の弦を交換したが、そろそろ寿命っぽい感じだったので張替え。

いきつけの楽器店でエヴァ・ピラッツィゴールドを勧められるが、あまりに高額なので迷った時のドミナントに決定。

E線はゴールドブラカットを買って張ったが…あまりにプレーンすぎる音なので3日でプリムリサに変更。

まあ、プリムリサもそこまで音に個性がない弦ではあるが、高寿命なのが良いと思う。錆びないというのは大きい。

ゴールドブラカットとくらべるとやや雑味が無いかな?という感じ。

 

最近は色々な弦を張って、エヴァ・ピラッツィやピーターインフェルドなどもかなり良いと思った。しかしどちらにしろ中々高額であるし、今のメイン楽器の音は大分満足しているので、ナチュラルな音で安価なドミナントで十分かなという感じ。

インフェルドレッドはドミナントよりややしっとりしていて、柔らかい音だが、ややレスポンスが悪い感じもしていた。ヴィジョンはレスポンスがよく、音量もあるが、ややクリアすぎてつまらない音になる感じがする。

ドミナントは最近の弦と比べると雑味が多いのだが、この雑味が良いのかな~と最近は思うようになった。レスポンスも良く音量もあり、遠鳴りするタイプの音だと思う。

ドミナントは残念ながら1ヶ月すぎると音が死んだ感じになるのだが、まあドミナントの価格なら毎月替えても負担が少ない。

 

サブ楽器と2ショット。

サブ楽器もドミナントを張っているが、こちらはエヴァ・ピラッツィとかの方が確実に良いと思う。しかしたまにしか弾かない楽器にエヴァ・ピラッツィは贅沢すぎるのでドミナントを張っている。

ドミナントはどの楽器に張ってもそこそこの音質で鳴らしてくれるのが良い。

 

E線のゴールドブラカットは最近プレミアムが発売になり、プレミアムスチール、ブラススチール、24金の三種類の展開である。この中だとプレミアムスチールがまあ良いかなと言う感じ。ブラススチールは音がまろやかでおとなしく、すぐ錆びた感じになってしまう。24金はまあ良いのかもしれないがちょっと高い。この値段だと他の弦の方がいいかな?と思う。

プレミアムスチールは従来のゴールドブラカットより錆びにくく、やや長持ち。といってもほかがドミナントだったら同じくらいの周期だが。

 

弦は高いのを張ってたまにしか交換しないよりは、ドミナント、ヴィジョンあたりを頻繁に張り替えたほうが練習の質の面でも良いと思う。案外弦がダメになったかどうかというのは分かりづらい。いきなり死んだ音になるわけでなく、徐々に劣化していくので、耳がなれてしまうのである。

私は最近はカレンダーにメモして、2ヶ月位たったら音が良いと思っても交換してしまう。本番前でなくても定期的に交換すべきだと思う。