LastPassが改悪されたのでBitwardenに乗り換えた所…

Apple製品

こんにちは、Yuukiです。

ちょっと短い記事ですが気になることがあったので書いてみます。

先日普段愛用しているパスワード管理アプリのLastPassの規約が変更になり、無料プランではiPhoneとMac両方使えなくなってしまいました。

パスワード管理「LastPass」の無料版、3月にスマホかデスクトップかの選択必須に
マルチプラットフォームのパスワード管理ツール「LastPass」の無料版が3月16日からはモバイルかデスクトップかのいずれかでしか使えなくなる。たとえばiPhoneとMacやPCで使い続けるには有償版へのアップグレードが必要だ。

Mac側ではもちろん、案外iPhoneでもパスワードを入力する場面が多いのでパスワード管理アプリは必須ですが、そのために有料プランに入会するのも勿体ない。というわけで他のアプリに乗り換えることにしました。

選んだのはBitwardenです。

Bitwardenは個人ユーザーの使用は無料、複数デバイスの使用も可能とのことで早速DLして使ってみました。日本語も対応しており使いやすいUIです。

乗り換えも簡単でした。詳しい説明は本題では無いので省きますが(検索すればすぐ見つかります)やはり日本語対応しているというのはわかりやすくて良いですね。

しかし、乗り換えてしばらく使っていた所、最近はMacのブラウザはSafariを使用していたのですが、なんだか落ちまくる。特にGoogle検索の画面、または検索画面からサイトに飛ぶときに高確率でSafariが落ちる症状が頻発し、拡張機能を色々外したりしてみた結果Bitwardenが悪さをしているようでした。

M1 MacBook Airを使用していて、Safariが大分使いやすく速くなったということだったので使っていたのですがやはり最初は色々ソフトの相性とかが有るのでしょうか…

とりあえずどうしてもSafariでないと困る訳ではないのでChromeに戻した所安定しています。

Mac環境、特にM1チップのMacでSafariを使用している方はBitwardenは注意したほうが良いかも知れません。

タイトルとURLをコピーしました