MacBookProをクラムシェルモードでデスクトップ的に使う

先日CubaseがWindows上で起動できなくなったと記事を書きましたが、仕方がないのでMacで起動することにしました。

デスクトップはDTMデスクとしてスピーカーとかも置いてるので、なるべくそこで作業したかったので、この際Macをメイン機として使うことにしました。

 

散らかっていてすみません。

私のMacBookProは2017年モデルで、USB−C端子が二個あるのみでいろいろ汎用性が低いです。

なのでHDMI出力があるUSB−Cハブを購入しました。

 

実はUSB-Cのハブは持っていたのですが、規格上充電しながらHDMI出力が出来ないタイプのものだったので、買い替えました。

これですね、そもそもHDMIの端子がないので、右側のAnkerのHDMIアウトケーブルをかます必要があったのですが、これが駄目でした。

左側のハブのUSB-C端子は二個あるのですが、HDMI出力と充電が対応しているのが上側の端子のみで、下のUSB-C端子はUSB接続のみ対応のようで、結果充電しながらHDMI接続が出来ず、クラムシェルモードに出来ないという状態でした。

このハブとケーブルだけで1万円くらいかかったんですけどね…Appleのシンプル主義はちょっとやり過ぎじゃないかなとも思います。iPhoneにイヤホンジャックが無いのも不便ですよね。

 

というわけで新しく買ったハブはHDMIアウトが最初からあるので、解決です。

 

あとはキーボードとマウスの設定がややこしく、Windowsのキーボードを使うにはKarabinerというアプリケーションで設定が必要です。ややこしいので説明は省きますが、なかなか便利なアプリで、写ってるロジクールのトラックボールのスクロール設定も出来ます。

ロジクールのこのトラックボールは元々スクロールが出来ないのですが、アプリで設定すれば右クリックをしながらボールを動かすことで可能です。しかしあまり細かい挙動の変更は出来ないので、スクロールの加速を切ることができず、ここがやや不便ですね。まあトラックボールじゃなきゃ駄目という事もないので(DTMする人っぽいという理由w)Appleのマウスとキーボードを揃えるのもいいかもしれません。

 

ストレージが少ない問題はWindowsのHDDを引っこ抜いてUSBのドックで接続しています。しかしそのままだと読み取りが出来ないので、有料のアプリNTFS for Macというアプリを使っています。こうすればWindowsのフォーマットのままMacでHDDを使えるため便利です。

しかしこのアプリだと写真アプリでライブラリをHDDに設定できず、一眼レフで撮った写真を一度Mac本体のストレージに保存するしかありません。Nikonのアプリはうまく使えないので純正の写真アプリで管理するのですが、ここがやや不便といえば不便。まあiPad、iPhoneでの共有が楽なのでまあいいですが。

 

まあ、Macの安定性はやっぱり良いです。Windowsも不安定というほどではないのですが、Macの安定さは抜きん出ていますね。ファンも高負荷時しかうるさくならないので静かです。スペックはWindowsに劣るので重い作業はやりにくいと思いますが、まあ今の所十分です。このMac最近あまり使えてなく持て余し気味だったのでちょうどよい感じです。

Cubaseが起動しなくなった…

DAWソフトはしばらくCubase8.5 Proを使っていたのですが、突然起動しなくなりました。

この「初期化中:WaveShell1~」が表示されたところで止まってしまいます。

以前はここでWAVESのライセンスが無効ですみたいな表示が出て、スキップすれば良かったのですが、その表示も出なくなってしまいました。

WAVESのプラグインはPRSのアンプシミュレーターのデモ版を入れていて、それの試用期間が過ぎたので警告が出ていたのだと思いますが…

WAVESのプラグインを全部アンインストールして、表示に出ているWAVEShell1-VST3 9.92~のファイルを削除しても起動できず…

 

Cubase自体を再インストールしても駄目でした。

 

メタルっぽいギターインストとアニソンっぽい感じのロック曲を作っていた途中だし、Cubaseは何かと使うので非常に困るのですが…

 

もうちょっと色々やって駄目だったらサポートに連絡してみます。それでも駄目だったらStudio OneのArtistあたりを買いますかね~

 

困った困った。

ヴァイオリンケースの中身を紹介

今日はヴァイオリンケースの中身を紹介。

人によって雰囲気が異なるヴァイオリンケースの中身ですが、Yuukiのケースの中身はどんな感じになってるのでしょうか。

 

まずケースの外側から。ケース自体はRIBONIのUNOEOTTOです。だいぶくたびれてきていますね。

サインはクリスティアン・テツラフさんとヴェンゲーロフさん、あとレオニダス・カヴァコスさんのサインが入ってます。カヴァコスさんのはほとんど見えなくなっちゃってますが。

 

開けてみました。結構ごちゃごちゃしてますね。右の方から見ていきましょう。

 

この写真はクリスティアン・テツラフさんと2ショットで撮っていただいたもの。2011年頃かな?テツラフさんもこの頃はまだ真面目そうなルックスですね。最近はちょいワル親父風です(笑)

左にある弦の袋はまた後で紹介します。

弓は二本ありますね。上がメインのオールド~モダン弓、無銘なのですがとてもしなやかで柔らかい音を出してくれます。でも運弓のテクニックが必要で、使いこなすまでだいぶかかりました。

下の弓はドイツ製のそんな古くない弓。重めで腰が強くしっかりした音が出ます。まあサブですね。

 

去年亡くなった猫のレイちゃん。思い出として写真を貼っています。

 

スカーフを開けると楽器が出てきます。なぜスカーフを敷いてるかというとカッコいいから(笑)あとはこのケースにはデッケ(楽器の上にかぶせる布)が付属していないため、弓の毛が当たって汚れたりしないようにというのもあります。

スカーフはクリスチャン・ディオールのシルク100%!母の私物ですが使わないとのことで借りています(笑)

 

このボロ布は灰色のほうが弦、本体の松脂を拭く専用です。青い方は東レのハイソフトという布で乾拭き用のもの。

松脂を拭く布は定期的に交換したほうが良いので、Tシャツの切れ端などを使っています。高いクロスをケチケチずっと使うよりどんどん新しい物に変えちゃったほうが良いです。

 

小物入れは松脂二種類、ギヨームとアルシェ201ソロを入れています。最近はギヨームばかり使ってますね。ギヨームは音が柔らかく、太くなるのでお気に入りです。

肩当てはなんだかんだ言ってウルフを使ってます。フォルテセカンド。フィット感が良いですねー、音も意外と悪くない…?

あとは筆記用具、ミュートなどが入ってます。ミュートは普通にトルテミュート

 

弦の袋が適当に散らばってますが…

中身は使い古しの予備弦。ヴァイオリンの弦は伸びるので、切れた時に新品だとすぐ弾けなくて困ります。使い古しなら伸び切ってるので、すぐ演奏再開できますね。

ゴールドブラカットだけ新品の弦が入ってました。

 

ちなみにスカーフを取るとこんな感じ。このケースは大分質素…というかシンプルですね。大分使っているので黒の部分が色あせて来ています。

 

こんな所ですね。まあ別段珍しいものは入ってないかなと思います。

他のプロの人でもペットの写真とか貼ってる人は多い気がします。でも本当に楽器しか入れてないような人もいるので、色々ですね。

 

そろそろケースも変えたいなぁ…