エヴァ・ピラッツィゴールドを張ってみた 録音あり【弦のレビュー】

コンサートが近くなってきたので、弦を張り替え。

以前は本番用でピーターインフェルドを良く張っていたのですが、今回は思い切って評判の良いエヴァ・ピラッツィゴールドにしてみました。

エヴァ・ピラッツィゴールドはガットのオリーブの次に高価な弦で、セット一万円以上するのでちょっと手を出してなかったのですが、かなり評判は良い様子。

どのレビューでも強い音で、なおかつ太いしっとりした音ということは言われていますね。

 

まず届いて張ってみた感じですが、やはりテンションが強い。ヴィジョンのHEAVYと比べても明らかに強く、触った感じが違います。

音を出して見て思ったのは、エヴァ・ピラッツィらしさは結構あるなと。エヴァ・ピラッツィほどではないがあの派手な感じも内包している印象です。

音量も大きく、芯も太いどっしりとした音。張ってすぐこれは良い!という驚きはありませんでしたが、確かに良い感じ。

この芯のしっかりした感じと柔らかさはオリーブを彷彿とさせますね。

 

あと圧力に対するレスポンスも良いです。ドミナントなどは圧力をかけすぎると潰れるのですが、このエヴァ・ピラッツィゴールドは潰れないで強い、密度の詰まった音が返ってきます。

左手のビブラートや、指をベタッと寝かせたときの反応も良好で、表現が自由にできるという感じ。

 

3日くらいたって馴染んできたのか、更にしっとり感が増え、落ち着いたしっかりした音になってきました。

E線もステンレススチールで、なかなかいい感じですね。輝かしい強い音が出て、他の弦とのバランスも良いです。

 

軽く録音してみました。リバーブかけた以外は音はいじっていません。

 

比較してみましょう。バッハのシャコンヌの冒頭。うまく鳴らすのがやや難しい曲ですが、どうでしょうか。

まずエヴァ・ピラッツィゴールド

次がビジョンHEAVY、ドミナント、ゴールドブラカットのセットの録音です。

 

ヴィジョンのセットはちょっとこもった感じというか、柔らかさ、広がりはあるけどちょっと抜けない感じですね。

エヴァ・ピラッツィゴールドの方はちゃんとハイが出ていて、硬いところもあり、しっかり抜けている印象です。

まだ張ったばかりで評価が固まっていないのですが、まあなかなか良いんじゃないだろうか?という感じ。値段を考えるとどうだろう…正直ピーターインフェルドでも良いような気はしますね。ピラストロのハイエンド弦に共通する華やかさ、音色のコントロール性の良さは感じられるのですが、絶賛するほどでも無いかもしれません。結構長寿命らしいので、そのへんは嬉しいですがどのくらい持つのでしょうか。4ヶ月くらい持てばまあ良いかなと思っています。

まだ3日目なので、これからすごく良くなることもあるかもしれませんが、とりあえずまあファーストインプレッションはそんなところですね。

ヴァイオリンケースの中身を紹介

今日はヴァイオリンケースの中身を紹介。

人によって雰囲気が異なるヴァイオリンケースの中身ですが、Yuukiのケースの中身はどんな感じになってるのでしょうか。

 

まずケースの外側から。ケース自体はRIBONIのUNOEOTTOです。だいぶくたびれてきていますね。

サインはクリスティアン・テツラフさんとヴェンゲーロフさん、あとレオニダス・カヴァコスさんのサインが入ってます。カヴァコスさんのはほとんど見えなくなっちゃってますが。

 

開けてみました。結構ごちゃごちゃしてますね。右の方から見ていきましょう。

 

この写真はクリスティアン・テツラフさんと2ショットで撮っていただいたもの。2011年頃かな?テツラフさんもこの頃はまだ真面目そうなルックスですね。最近はちょいワル親父風です(笑)

左にある弦の袋はまた後で紹介します。

弓は二本ありますね。上がメインのオールド~モダン弓、無銘なのですがとてもしなやかで柔らかい音を出してくれます。でも運弓のテクニックが必要で、使いこなすまでだいぶかかりました。

下の弓はドイツ製のそんな古くない弓。重めで腰が強くしっかりした音が出ます。まあサブですね。

 

去年亡くなった猫のレイちゃん。思い出として写真を貼っています。

 

スカーフを開けると楽器が出てきます。なぜスカーフを敷いてるかというとカッコいいから(笑)あとはこのケースにはデッケ(楽器の上にかぶせる布)が付属していないため、弓の毛が当たって汚れたりしないようにというのもあります。

スカーフはクリスチャン・ディオールのシルク100%!母の私物ですが使わないとのことで借りています(笑)

 

このボロ布は灰色のほうが弦、本体の松脂を拭く専用です。青い方は東レのハイソフトという布で乾拭き用のもの。

松脂を拭く布は定期的に交換したほうが良いので、Tシャツの切れ端などを使っています。高いクロスをケチケチずっと使うよりどんどん新しい物に変えちゃったほうが良いです。

 

小物入れは松脂二種類、ギヨームとアルシェ201ソロを入れています。最近はギヨームばかり使ってますね。ギヨームは音が柔らかく、太くなるのでお気に入りです。

肩当てはなんだかんだ言ってウルフを使ってます。フォルテセカンド。フィット感が良いですねー、音も意外と悪くない…?

あとは筆記用具、ミュートなどが入ってます。ミュートは普通にトルテミュート

 

弦の袋が適当に散らばってますが…

中身は使い古しの予備弦。ヴァイオリンの弦は伸びるので、切れた時に新品だとすぐ弾けなくて困ります。使い古しなら伸び切ってるので、すぐ演奏再開できますね。

ゴールドブラカットだけ新品の弦が入ってました。

 

ちなみにスカーフを取るとこんな感じ。このケースは大分質素…というかシンプルですね。大分使っているので黒の部分が色あせて来ています。

 

こんな所ですね。まあ別段珍しいものは入ってないかなと思います。

他のプロの人でもペットの写真とか貼ってる人は多い気がします。でも本当に楽器しか入れてないような人もいるので、色々ですね。

 

そろそろケースも変えたいなぁ…

VISIONのHEAVY、結構良いかも…

先日から試しているヴァイオリン弦のセット、G、DがヴィジョンのHEAVYでAがドミナントのミッテルという組み合わせですが、当初の感想より良いかも?

というのも最近は8月のリサイタルの練習でショーソンの詩曲ばっかり弾いていたのですが、この曲が鳴らない鳴らない。

それで気分転換にプロコフィエフの協奏曲やチャイコフスキーの協奏曲など弾いてみました。

そうすると、GDの箱鳴り感がすごい!オールド楽器っぽいコーンと鳴るいい感じの音が出ていました。

 

D線ハイポジションなんか特にぶっとくて気持ちのいい音が出ています。

G線も中々良いですね。G線を試すときの定番、ツィガーヌの冒頭を弾いてみましたが、中々芯が太いコシがある音です。

 

ショーソンばっか弾いてると良さが分かりにくいんですけどね、普通の曲を弾くと結構良いのか、もしくは馴染んできて全体的に良くなってきているのかもしれません。

ドミナントは張って1週間くらいして馴染んでくるといい音になってきますからね、ヴィジョンも少なからずあるのかもしれません。

 

ドミナントのA線は本当万能ですね、GDオリーブでAがドミナントというのも定番だし、A線がいまいちな弦はドミナントに変えてしまえばOKという感じです。

ヴィジョンのA線はどうなんでしょう?普通のゲージだとまあ特に特徴のない音でしたが、HEAVYだとどうなるか気になります。といってもA線にそこまで強さ、太さは必要ない気もしますね。

 

そうそう、このヴィジョンのHEAVYのいい感じですが、ピーターインフェルドに通ずる部分があります。

ピーターインフェルドは全体的に太く艷やかな、リッチな音がしてて、音量もあるのでソロ向きです。このヴィジョンのHEAVYはピーターインフェルドほど色気は無いにしろ、芯の太さは似ていますね。

 

8月のコンサートの前にまた張り替えると思うんですが、多分ピーターインフェルドにします。エヴァ・ピラッツィゴールドも試してみたいのですが高価すぎるし、コンサートの直前に使ったこと無い弦というのもちょっと不安があります。

 

普段はこのGDヴィジョン(HEAVY)Aドミナント(ミッテル)で本番前はピーターインフェルドというのが良いかも。

 

E線はワーシャルブリリアントよりプリムリサの方が良いような気がします。ワーシャルブリリアントは張りが強すぎてやっぱり詰まった感じ、ブリリアントさは確かにあるのですが、ちょっと扱いづらい印象ですね。

とりあえずゴールドブラカットのストックがあるので、それを張ってからプリムリサを張るか考えようと思います。

弦張り替え ~VISION HEAVY&Dominant~

先日弦交換しました。

おや、珍しい組み合わせですね。

今回はG、DをVISIONのHEAVY、通常より太い弦にしてみました。A線はドミナントのミッテル、普通の太さです。

今やってるショーソンの詩曲でE線のきらびやかさが欲しかったので、Eはワーシャルブリリアントという強めの派手な音の弦に。

VISIONのHEAVYは初めてですが、芯があって太い感じの音です。VISIONはナチュラルで音量もありとてもいい弦ですが、MEDIUMだとやや線の細さがあるので、HEAVYのこの音の太さは好印象です。

でもドミナントの方がこの楽器にはあってるかも…

 

ドミナントは寿命短いですが、いい音の時は本当に良くてこの楽器にも合った音色が出るので、それには敵わないかもという感じですね。

 

ワーシャルブリリアントは最近張ってたプリムリサより張りが強く、やや押さえにくい感じがしますが、やはり派手でいい音ですね。でもちょっと詰まった感じもするかも?ナチュラルな音って感じではないです。Eが強い楽器だと音がきつくなるかも。

 

このセットで8月に出演するコンサートのリハもやってみましたが中々良い感じ。本番の時はもうちょい色気がある弦の方が良いかもしれませんが、練習時はこのセットで良いかも。VISIONは寿命長いですし。

 

本番用は…ピーターインフェルド、またはエヴァ・ピラッツィが安定ですかね。去年のソロリサイタルではピーターインフェルドでいい感じでした。今年はどうしましょうか…

 

Christian Tetzlaff&Bartok Violin Concerto No.2

Christian Tetzlaff(クリスティアン・テツラフ)はドイツ出身のヴァイオリニスト。エモーショナルな演奏が特徴。

同じドイツのフランク・ペーター・ツィンマーマンが正統派、実力派というとテツラフはやや大胆で前衛的な演奏をしている。演奏する曲も近代、現代系がやや多い。

以前は眼鏡をかけてインテリっぽい感じだったが、今は長髪でロックスターか俳優の様である。こういう欧米のヴァイオリニストでヴィジュアルも良い人は中々珍しい。

 

彼のリサイタルに一度行ったことがあるが、とても音が大きく驚いた。ダイナミックレンジが広く、ピアノからフォルテの幅が非常に広く、ハッとさせられる様な音を出していた。

彼は有名ソリストとしては珍しく、新作ヴァイオリンを長く使用している。シュテファン・ペーター・グライナーの2002年製のガルネリモデルのヴァイオリンを使用しているらしい。

 

リサイタルの際にヴァイオリンケースにサインを頂き、なんと2ショットで写真も撮ってもらったのだが、演奏と対象的に人柄はとても穏やかだった。とても優しい感じで喋るのである。その際に自分も同じリボーニのケースを使っている、軽くていいよね!みたいな事を仰られてた。

 

バルトークのコンチェルトは以前にオーガスティン・ハーデリッヒの演奏を紹介しているが、解釈が結構違って面白い。テツラフの方がよりモダンな解釈で弾いていると思う。

 

おすすめのCDはブラームス。

最近バッハの無伴奏も発売したらしい。以前にも録音していたので、再録だと思われる。

Josef RissinによるSergey Khachatryanのレッスン動画

以前このブログでもSergey Khachatryanを紹介している。そのSergey Khachatryanが学生時代(?)に名教師Josef Rissin(ヨーゼフ・リシン)にレッスンを受けている動画が中々良いので紹介します。




1~3の途中まではショーソンの詩曲、3の途中~5までがワックスマンのカルメン幻想曲のレッスンである。

はっきり言って上手すぎ。10代後半の頃だと思うが、もう先生を超えちゃってると思う。しかしJosef Rissin先生のアドバイスも流石という感じ。

Josef Rissinはプレイヤーとしてはそこまで有名ではないが、何枚かCDを出している。パガニーニコンクール、エリザベートコンクールで入賞歴あり。

名プレイヤーというよりも、名教師として有名である。音大でレッスンもしているようで、各地で若手演奏家向けのマスタークラスも行っているようである。

 

Sergey Khachatryanはこの頃は今よりも尖った演奏で、ちょっとE線ハイポジションなどは派手すぎる感じもする。しかしカルメンを弾き終わったときなんかは凄すぎて、ピアニストと先生が思わず笑っている。このレベルでカルメンを弾ききるのは凄い。

こういった天才系の演奏家は10代~20代の時は派手な表現をしていることが多い。私のお気に入り演奏家のLeonidas Kavakosなんかも若い時は凄い。

この動画の時は20代中盤だろうか?ヒゲが濃くあまり若い印象は受けないが、年代的にはそのくらいのはず。

ちょっと音程外れちゃてるときもあるが、まあパガニーニだし、こういう演奏も良い。若くないとできない演奏だと思う。

 

Sergey Khachatryanはなぜかレッスン動画や若いときの動画がYoutubeに多く、見ていて面白い。

弦をドミナント+プリムリサに変更

1月末頃にインフェルド・レッド(E線ワーシャルブリリアント)にメイン楽器の弦を交換したが、そろそろ寿命っぽい感じだったので張替え。

いきつけの楽器店でエヴァ・ピラッツィゴールドを勧められるが、あまりに高額なので迷った時のドミナントに決定。

E線はゴールドブラカットを買って張ったが…あまりにプレーンすぎる音なので3日でプリムリサに変更。

まあ、プリムリサもそこまで音に個性がない弦ではあるが、高寿命なのが良いと思う。錆びないというのは大きい。

ゴールドブラカットとくらべるとやや雑味が無いかな?という感じ。

 

最近は色々な弦を張って、エヴァ・ピラッツィやピーターインフェルドなどもかなり良いと思った。しかしどちらにしろ中々高額であるし、今のメイン楽器の音は大分満足しているので、ナチュラルな音で安価なドミナントで十分かなという感じ。

インフェルドレッドはドミナントよりややしっとりしていて、柔らかい音だが、ややレスポンスが悪い感じもしていた。ヴィジョンはレスポンスがよく、音量もあるが、ややクリアすぎてつまらない音になる感じがする。

ドミナントは最近の弦と比べると雑味が多いのだが、この雑味が良いのかな~と最近は思うようになった。レスポンスも良く音量もあり、遠鳴りするタイプの音だと思う。

ドミナントは残念ながら1ヶ月すぎると音が死んだ感じになるのだが、まあドミナントの価格なら毎月替えても負担が少ない。

 

サブ楽器と2ショット。

サブ楽器もドミナントを張っているが、こちらはエヴァ・ピラッツィとかの方が確実に良いと思う。しかしたまにしか弾かない楽器にエヴァ・ピラッツィは贅沢すぎるのでドミナントを張っている。

ドミナントはどの楽器に張ってもそこそこの音質で鳴らしてくれるのが良い。

 

E線のゴールドブラカットは最近プレミアムが発売になり、プレミアムスチール、ブラススチール、24金の三種類の展開である。この中だとプレミアムスチールがまあ良いかなと言う感じ。ブラススチールは音がまろやかでおとなしく、すぐ錆びた感じになってしまう。24金はまあ良いのかもしれないがちょっと高い。この値段だと他の弦の方がいいかな?と思う。

プレミアムスチールは従来のゴールドブラカットより錆びにくく、やや長持ち。といってもほかがドミナントだったら同じくらいの周期だが。

 

弦は高いのを張ってたまにしか交換しないよりは、ドミナント、ヴィジョンあたりを頻繁に張り替えたほうが練習の質の面でも良いと思う。案外弦がダメになったかどうかというのは分かりづらい。いきなり死んだ音になるわけでなく、徐々に劣化していくので、耳がなれてしまうのである。

私は最近はカレンダーにメモして、2ヶ月位たったら音が良いと思っても交換してしまう。本番前でなくても定期的に交換すべきだと思う。