エヴァ・ピラッツィゴールドを張ってみた 録音あり【弦のレビュー】

コンサートが近くなってきたので、弦を張り替え。

以前は本番用でピーターインフェルドを良く張っていたのですが、今回は思い切って評判の良いエヴァ・ピラッツィゴールドにしてみました。

エヴァ・ピラッツィゴールドはガットのオリーブの次に高価な弦で、セット一万円以上するのでちょっと手を出してなかったのですが、かなり評判は良い様子。

どのレビューでも強い音で、なおかつ太いしっとりした音ということは言われていますね。

 

まず届いて張ってみた感じですが、やはりテンションが強い。ヴィジョンのHEAVYと比べても明らかに強く、触った感じが違います。

音を出して見て思ったのは、エヴァ・ピラッツィらしさは結構あるなと。エヴァ・ピラッツィほどではないがあの派手な感じも内包している印象です。

音量も大きく、芯も太いどっしりとした音。張ってすぐこれは良い!という驚きはありませんでしたが、確かに良い感じ。

この芯のしっかりした感じと柔らかさはオリーブを彷彿とさせますね。

 

あと圧力に対するレスポンスも良いです。ドミナントなどは圧力をかけすぎると潰れるのですが、このエヴァ・ピラッツィゴールドは潰れないで強い、密度の詰まった音が返ってきます。

左手のビブラートや、指をベタッと寝かせたときの反応も良好で、表現が自由にできるという感じ。

 

3日くらいたって馴染んできたのか、更にしっとり感が増え、落ち着いたしっかりした音になってきました。

E線もステンレススチールで、なかなかいい感じですね。輝かしい強い音が出て、他の弦とのバランスも良いです。

 

軽く録音してみました。リバーブかけた以外は音はいじっていません。

 

比較してみましょう。バッハのシャコンヌの冒頭。うまく鳴らすのがやや難しい曲ですが、どうでしょうか。

まずエヴァ・ピラッツィゴールド

次がビジョンHEAVY、ドミナント、ゴールドブラカットのセットの録音です。

 

ヴィジョンのセットはちょっとこもった感じというか、柔らかさ、広がりはあるけどちょっと抜けない感じですね。

エヴァ・ピラッツィゴールドの方はちゃんとハイが出ていて、硬いところもあり、しっかり抜けている印象です。

まだ張ったばかりで評価が固まっていないのですが、まあなかなか良いんじゃないだろうか?という感じ。値段を考えるとどうだろう…正直ピーターインフェルドでも良いような気はしますね。ピラストロのハイエンド弦に共通する華やかさ、音色のコントロール性の良さは感じられるのですが、絶賛するほどでも無いかもしれません。結構長寿命らしいので、そのへんは嬉しいですがどのくらい持つのでしょうか。4ヶ月くらい持てばまあ良いかなと思っています。

まだ3日目なので、これからすごく良くなることもあるかもしれませんが、とりあえずまあファーストインプレッションはそんなところですね。

ヴァイオリンケースの中身を紹介

今日はヴァイオリンケースの中身を紹介。

人によって雰囲気が異なるヴァイオリンケースの中身ですが、Yuukiのケースの中身はどんな感じになってるのでしょうか。

 

まずケースの外側から。ケース自体はRIBONIのUNOEOTTOです。だいぶくたびれてきていますね。

サインはクリスティアン・テツラフさんとヴェンゲーロフさん、あとレオニダス・カヴァコスさんのサインが入ってます。カヴァコスさんのはほとんど見えなくなっちゃってますが。

 

開けてみました。結構ごちゃごちゃしてますね。右の方から見ていきましょう。

 

この写真はクリスティアン・テツラフさんと2ショットで撮っていただいたもの。2011年頃かな?テツラフさんもこの頃はまだ真面目そうなルックスですね。最近はちょいワル親父風です(笑)

左にある弦の袋はまた後で紹介します。

弓は二本ありますね。上がメインのオールド~モダン弓、無銘なのですがとてもしなやかで柔らかい音を出してくれます。でも運弓のテクニックが必要で、使いこなすまでだいぶかかりました。

下の弓はドイツ製のそんな古くない弓。重めで腰が強くしっかりした音が出ます。まあサブですね。

 

去年亡くなった猫のレイちゃん。思い出として写真を貼っています。

 

スカーフを開けると楽器が出てきます。なぜスカーフを敷いてるかというとカッコいいから(笑)あとはこのケースにはデッケ(楽器の上にかぶせる布)が付属していないため、弓の毛が当たって汚れたりしないようにというのもあります。

スカーフはクリスチャン・ディオールのシルク100%!母の私物ですが使わないとのことで借りています(笑)

 

このボロ布は灰色のほうが弦、本体の松脂を拭く専用です。青い方は東レのハイソフトという布で乾拭き用のもの。

松脂を拭く布は定期的に交換したほうが良いので、Tシャツの切れ端などを使っています。高いクロスをケチケチずっと使うよりどんどん新しい物に変えちゃったほうが良いです。

 

小物入れは松脂二種類、ギヨームとアルシェ201ソロを入れています。最近はギヨームばかり使ってますね。ギヨームは音が柔らかく、太くなるのでお気に入りです。

肩当てはなんだかんだ言ってウルフを使ってます。フォルテセカンド。フィット感が良いですねー、音も意外と悪くない…?

あとは筆記用具、ミュートなどが入ってます。ミュートは普通にトルテミュート

 

弦の袋が適当に散らばってますが…

中身は使い古しの予備弦。ヴァイオリンの弦は伸びるので、切れた時に新品だとすぐ弾けなくて困ります。使い古しなら伸び切ってるので、すぐ演奏再開できますね。

ゴールドブラカットだけ新品の弦が入ってました。

 

ちなみにスカーフを取るとこんな感じ。このケースは大分質素…というかシンプルですね。大分使っているので黒の部分が色あせて来ています。

 

こんな所ですね。まあ別段珍しいものは入ってないかなと思います。

他のプロの人でもペットの写真とか貼ってる人は多い気がします。でも本当に楽器しか入れてないような人もいるので、色々ですね。

 

そろそろケースも変えたいなぁ…

VISIONのHEAVY、結構良いかも…

先日から試しているヴァイオリン弦のセット、G、DがヴィジョンのHEAVYでAがドミナントのミッテルという組み合わせですが、当初の感想より良いかも?

というのも最近は8月のリサイタルの練習でショーソンの詩曲ばっかり弾いていたのですが、この曲が鳴らない鳴らない。

それで気分転換にプロコフィエフの協奏曲やチャイコフスキーの協奏曲など弾いてみました。

そうすると、GDの箱鳴り感がすごい!オールド楽器っぽいコーンと鳴るいい感じの音が出ていました。

 

D線ハイポジションなんか特にぶっとくて気持ちのいい音が出ています。

G線も中々良いですね。G線を試すときの定番、ツィガーヌの冒頭を弾いてみましたが、中々芯が太いコシがある音です。

 

ショーソンばっか弾いてると良さが分かりにくいんですけどね、普通の曲を弾くと結構良いのか、もしくは馴染んできて全体的に良くなってきているのかもしれません。

ドミナントは張って1週間くらいして馴染んでくるといい音になってきますからね、ヴィジョンも少なからずあるのかもしれません。

 

ドミナントのA線は本当万能ですね、GDオリーブでAがドミナントというのも定番だし、A線がいまいちな弦はドミナントに変えてしまえばOKという感じです。

ヴィジョンのA線はどうなんでしょう?普通のゲージだとまあ特に特徴のない音でしたが、HEAVYだとどうなるか気になります。といってもA線にそこまで強さ、太さは必要ない気もしますね。

 

そうそう、このヴィジョンのHEAVYのいい感じですが、ピーターインフェルドに通ずる部分があります。

ピーターインフェルドは全体的に太く艷やかな、リッチな音がしてて、音量もあるのでソロ向きです。このヴィジョンのHEAVYはピーターインフェルドほど色気は無いにしろ、芯の太さは似ていますね。

 

8月のコンサートの前にまた張り替えると思うんですが、多分ピーターインフェルドにします。エヴァ・ピラッツィゴールドも試してみたいのですが高価すぎるし、コンサートの直前に使ったこと無い弦というのもちょっと不安があります。

 

普段はこのGDヴィジョン(HEAVY)Aドミナント(ミッテル)で本番前はピーターインフェルドというのが良いかも。

 

E線はワーシャルブリリアントよりプリムリサの方が良いような気がします。ワーシャルブリリアントは張りが強すぎてやっぱり詰まった感じ、ブリリアントさは確かにあるのですが、ちょっと扱いづらい印象ですね。

とりあえずゴールドブラカットのストックがあるので、それを張ってからプリムリサを張るか考えようと思います。

MIDIキーボード買いました

さっきデスク周りの紹介の記事を書いた時にMIDIキーボード買おうかな…と書いていたのですが、記事を書いているうちにDTM欲が出てきて、MIDIキーボード買ってきちゃいました。

 

MIDIキーボードがデスクにあるだけでそれらしくなりますね。

このMIDIキーボードはM-AUDIOのKEYSTATION49というUSBバスパワーのシンプルなタイプのものです。まあ簡単なフレーズを弾いたり、シンセの音を打ち込んだりするだけなので、十分です。

なんとハードオフのジャンクコーナーで見つけました(笑)3000円。ジャンクで3000円はちょっと冒険ですが、まあそんな壊れる物でもなさそうなので行ってみました。もちろん普通に使えましたよ。

 

これで環境は整ったのでどんどん作曲しますぞ~~

ストラトとSuhrのシングルコイル

メインギターとして最近はSuhrのStandard S2ばかり使っています。

やはり非常に使いやすいギターで、ある程度どんな音も出せるのでメタルからポップスまで幅広く使えるギターです。

 

今入ってるバンドなんかだとリアPUでヘヴィなリフを弾いたあと、クリーンに切り替えてアルペジオをやったりするときに、このフロント、センターのシングルコイルがちょうど良いんですよね。

 

でも欠点ではないですけど、ちょっと音が綺麗すぎるところがあるような気がしますね。

 

それでこの間家で赤ストラトを久しぶりに鳴らしたら、驚きました。

リアはダンカンのハムに変えてしまっているのでまあ普通にリアハムの音ですが、フロント、センターの音が結構強い!

 

Suhrよりかなり出力が高く、音量もあります。

そうそう、Suhrの欠点(?)はフロントPUが大人しいためメタルでの速いフレーズが弾きにくいんですね。

メタルの速弾きって、結構フロントを使うことが多いのですが、このときにコンプがかかったやや潰れてる音のほうが弾きやすいというか、雰囲気が出しやすいんです。

モダンなヘヴィメタルを弾く人はフロントハムにしちゃったりもしますよね。

 

この動画の大村孝佳さんの音なんかまさにコンプがかかった出力の高いシングルPUの音してますね。

 

おそらくコンポーネント系じゃなく、ヴィンテージ・Fender系の音がこういう感じなんでしょうね。

家の赤ストラトをKemperに繋いで、FriedmanのRIGで音出したら正にこの大村孝佳さんの音の感じでした。

Suhrだとこういう音は出ない・・・

 

うちのストラトはFender Japanで、しかもバスウッド。フロントPUは元からついてるそんなに良くないやつですけど、やっぱりFenderの音するんですね。

 

このストラトのフロントを歪ませて速弾きって、元々はイングヴェイがやってたことで、まあネオクラ系の音といえばそうなんですが、なんとも言えない気持ちよさがあります。

 

Suhrのフロントは良くも悪くもスッキリしすぎているので、やっぱり速弾きするにはFenderなのかなと思ったりもします。

大村さんはESPですが…

 

Suhrを弾いてるとフロントハムのギターが欲しいな〜と思ったりするんですが、赤ストラトのこのフロントの音があればいいかなって思いました。

 

いや〜大村さんかっこいい…

弦張り替え ~VISION HEAVY&Dominant~

先日弦交換しました。

おや、珍しい組み合わせですね。

今回はG、DをVISIONのHEAVY、通常より太い弦にしてみました。A線はドミナントのミッテル、普通の太さです。

今やってるショーソンの詩曲でE線のきらびやかさが欲しかったので、Eはワーシャルブリリアントという強めの派手な音の弦に。

VISIONのHEAVYは初めてですが、芯があって太い感じの音です。VISIONはナチュラルで音量もありとてもいい弦ですが、MEDIUMだとやや線の細さがあるので、HEAVYのこの音の太さは好印象です。

でもドミナントの方がこの楽器にはあってるかも…

 

ドミナントは寿命短いですが、いい音の時は本当に良くてこの楽器にも合った音色が出るので、それには敵わないかもという感じですね。

 

ワーシャルブリリアントは最近張ってたプリムリサより張りが強く、やや押さえにくい感じがしますが、やはり派手でいい音ですね。でもちょっと詰まった感じもするかも?ナチュラルな音って感じではないです。Eが強い楽器だと音がきつくなるかも。

 

このセットで8月に出演するコンサートのリハもやってみましたが中々良い感じ。本番の時はもうちょい色気がある弦の方が良いかもしれませんが、練習時はこのセットで良いかも。VISIONは寿命長いですし。

 

本番用は…ピーターインフェルド、またはエヴァ・ピラッツィが安定ですかね。去年のソロリサイタルではピーターインフェルドでいい感じでした。今年はどうしましょうか…

 

改造赤ストラト

普段メインギターとしてSuhrを使っていますが、別に赤いストラトもありそちらもよく弾いています。

 

見ためから普通のストラトじゃないが、これは実はとても親しい友人に借りてるもの。

その友人はギター買ったはいいが、ほとんど弾かないようなので貸してもらっている。

最初は3シングルの普通のストラトだったのだが、その時はちょっと使いにくいような気がして、あとパーツ類もかなりボロボロだったため、返すときに元に戻すということで許可をとり改造してしまった。

 

まず基本的なスペックから行くと、これはFender JapanのSTDというモデルで、バスウッドボディ、メイプルネック、メイプル指板のコストパフォーマンスモデル。

ピックアップもFender Japanのオリジナルで、最初はあまりいい音ではなかった…

 

で、改造点。

まずはリアをダンカンのハムバッカーに。モデル名は忘れてしまった。

 

ブリッジサドルをRAW Vintageのサドルに交換。

ネックプレートはフリーダムのものに交換。

裏のスプリングも、RAW Vintageのに交換。

トーンノブを無くし、リアダイレクトスイッチとコイルタップスイッチを増設。

 

ピックガードをパールの物に交換。

これでだいぶストラトらしい鈴なり感があるサウンドに!

 

しかし、借り物なのに改造しすぎて反省…友人は使ってくれるなら良いよ~という感じだったが、やっぱりピックアップ類などは普通のストラト仕様に戻そうかとも思っている。

フロント、センターピックアップの音がかなりプレーンでちょっと安っぽい感じなので、交換したらよりストラトっぽい感じになりそうですね。

 

上の改造をした時はSuhrを買う前で、トム・アンダーソン等のコンポーネント風に改造したのだが、やっぱりストラトは普通の形のほうが良いですね。

アームは最近使わないので外して、ベタ付けセッティングにしています。

正直鳴りはSuhrより良いかも(笑)

 

トレモロユニットベタ付けなので、チューニングを変えたりが容易です。セッションなどはこっちを持っていこうかな。中々お気に入りギターです。