AMD Ryzen機を自作

一昨日注文したPCパーツが届いたので早速組み立て。

 

 

まずマザーボードを箱から出し、ビニールから取り出して箱の上に載せる。

金属のものに触って静電気を逃がしておく。

 

今回はコスパ重視でASRockのAB350M-HDVをチョイス。

 

ここにCPUを乗っけていく。CPUはRyzen3 2200G

特に難しくはない。レバーを持ち上げて方向に気をつけて置くだけである。

 

次にメモリ。メモリも特に難しい作業ではないが、最初に脇の部分を外しておかないとはまらない。

 

 

 

定番商品のCrucialのメモリ。Windowsは8GBあれば大体大丈夫。Ryzenは速いメモリの方がいいらしいが、今はメモリが高騰しておりOCメモリは手が出なかった。

しっかりカチッとなるまではめる。結構固いので、しっかり力を入れてはめ込む。

 

 

メモリが上手くはまったらCPUファンの取付け。今回はリテールクーラー。

インテルと違い、ドライバーでネジをまわし固定する。MBにバックプレートの上にブリッジ?のような物がついているので、そのブリッジを外してバックプレートとネジで固定。4つのネジを少しずつ回してバランスよく固定していく。

 

 

取り付け完了!

 

とりあえずケースにMBを仮止めし、電源をつなぐ。問題があるとこの段階で上手く電源が入らないが、今回は何も問題なく通電。

 

裏にコードを通し…

LEDで電源が入ったことが分かる。

 

BIOSまで起動までサクッと完了。ここまで1時間半かかってないくらい。

Windows10をUSBからインストール。

 

普通に起動。

今回は特にトラブルもなく、普通に組み立てて普通に起動しました。

昔は自作するとメモリが認識しなかったり、電源が入らなかったりして、一日がかりの作業でしたが今回は2時間ちょっとで終了。

Windows10のインストールは早い!

 

起動できたらHDD類を接続して裏に配線をまとめる。

今回のケースは大きいので、右側も余裕があっていいですね。やや大きすぎる感じもある。

 

前面がアクリル、両サイドがガラス張りのケースです。

 

モニターが27インチのフルHDなので、4Kと比べると大分荒いですね。まあ4Kはメモリも食うし、安定動作は結構大変なので、まだフルHDでもいいかなと思います。慣れれば大丈夫でしょう。

27インチも2万を切る時代になりましたね。

 

Macの時に操作をミスって以前のWindowsのデータを消してしまったので、新しく設定し直しています。

Ryzenの体感スピードはi5とほとんど変わらない感じですね。快適です。

 

i5が二万以上することを考えるとかなりお得かも?

 

WindowsPC自作用パーツを注文…

先日Windowsが無いと不便だという記事を書いて、その後結局購入することにした。

CPUはRyzen3 2200Gがコスパ的に良さそうなので決定。

 

このセットで自作するわけだが、モニター入れても60,000円でなんとかなった。BTOも良いがかゆいところに手が届かないし、自作は慣れているので問題ない。

ストレージは家にあるものを使う。

Ryzen3 2200Gは少し前のcore i5並の性能で、グラフィック性能も中々良いらしい。重い3Dゲームはやらないので問題ないと思います。

 

全体的に安くなっているけど、メモリが高騰してるかな?

 

明日届く予定なので、制作過程とレビューをやる予定です。

Windowsが無いと細かい所で不便

先日WindowsPCを売却してから、MacBookProで作業している。

 

Macに移行して良かったと思う点はまず安定性、それからあらゆる場面で音が良い所。

安定しているというのは、アプリがいきなり落ちたり、勝手に再起動したりしないということ。使っていて安心感がある。

音はDTMをやっていても良いと感じるし、音楽再生をするだけでも大分違う。これは音のためだけでもMacにする価値があると思えるレベルで、主に解像度、音圧が違う。

それとiPhone、iPadとファイルを共有する時に楽ということもある。

 

反面、Windowsが無いと困ることもややある。ゲームは基本的にMacでは出来ない。あとアプリケーションの形式が違うため、ファイルの解凍などが出来ない時がある。

先程ファイルサイズが大きい作品が分割DLになっており、実行ファイルがexeだった。こういう場合はMacではどうしようも出来ない。

 

複雑な事をしたい時程不便というか、Macで複雑な作業をするには相当なITスキルが必要と思われる。自分はMacのプログラムをいじれるほどスキルが高くない。

ゲームなどもwineを使えば出来なくはないそうだが、自分のスキルではでき無さそうなため諦めた。

 

しかしWindowsが無いと仕事にならないと言う程ではないのがなんとも言えない所。わざわざ買い戻す程の必要性は無いんだな。

ADVゲームをやりたいかな…と思ったが、ゲームをするだけのためにWindowsPCをまた買うのもどうかなという感じ。

 

ゲームと言えば、自分はあまりゲーマーではないためSteamなどで買うゲームはあまりやらない。PS4とニンテンドースイッチを持っているためそちらで十分。PS3の時代はPCの方が明らかに画質などが良かったがPS4で大分綺麗になった。スイッチも割と綺麗である。

そもそもゲームが上手じゃなくあまり没頭できないんだな。ある程度上手に出来ないとハマりようが無いと思われる。

 

最近やったゲームだとドラゴンクエストⅪが面白かった。といってもまだ終わってないんだけど。魔王は倒してその後のストーリーのところで止まっている。

ドラクエはRPGで反射的な操作を必要としない所が良い。ぼーっとしながら出来るので何時間か続けて出来るのである。

私は反射神経が悪く、ゲームどころかスポーツも下手で学生時代は困った。走るのは速かったがボール系などは下手だった。

 

RPGといえばペルソナ5も非常に面白かった。こちらは隠しボスも倒して、もうすることが無いくらいやりこんだ。

 

というわけでゲーム目的にWindowsを買っても少しやって飽きてしまいそうである。今気になっているADVゲームがあるが、その一本のためだけにWindowsを買ってられない。Macでなんとかなっているので、これ以上煩雑にしないほうが良いと思う。

 

BootCampがあるじゃないかと言われそうだが、容量が圧倒的に足りていない。なんと今のmacは128GBモデルなのである。これは少し容量が小さすぎるかもしれない。Windowsを入れるのであれば最低でも32GBは空き容量がないとしょうがないと思う。

 

今日は殆ど日記みたいな内容になった。

高音質オーディプレイヤー Audirvana Plus3の紹介

Macで音楽を聴く場合、多くの人はiTunesを使っていると思う。

iTunesは視覚的に優れており、直感的にも操作しやすいが、音質の面ではあまり良くない。

Windowsでは特に顕著で、Macのほうがやや音は良い。

 

音質の面で良いソフトはWindowsではFoobar2000などがあるが、Mac環境の場合Foobar2000は使えない。

 

Macの場合、特にiTunesを普段使っている人に音質的におすすめなのが、Audirvana Plus3である。

 

有料(74ドル)で、インターフェースも一見とっつきにくいので戸惑うが、音がとても良い。

もちろんハイレゾ音源対応である。

疑似ハイレゾ、アップコンバートも可能なので、手持ちの音源もグレードアップして聴くことができる。

 

私の設定。これでCD音源を24bit 192kHzの疑似ハイレゾにアップサンプリングして聴いている。

 

15日の無料体験版があるので、興味がある人は試してみると良いと思う。

設定の所は人によって環境が違うので割愛。

 

基本的にUSB DACやオーディオインターフェースなどの環境が整っている人向けなので、オンボードで聴いている人はまずDAC環境を整えたほうが良いと思う。

 

逆に環境が整っていてiTunesでは勿体無いと思うので、そういう人は是非試してみて欲しい。

 

iTunesではFLAC等の音源は再生できないが、Audirvana Plus3なら再生可能なので、Windows環境から移行した人にもおすすめできる。

 

iTunes Integrated Modeといって、iTunesのライブラリで操作して音の処理をAudirvana Plusで行うモードもある。こちらが結構便利かなと思う。下のプレイヤーのインターフェースが特徴的で、DACでアップサンプリングをしている表示が出ている。

 

音の感じは通すと開放感が増し、クリアで奥行きが出る感じである。google play musicなんかとは雲泥の差(当たり前)

mp3音源なんかでも、アップサンプリングすると結構良くなる。

 

以前はmacのサウンドドライバを通さない設定が出来たのでより高音質だったが、macOSの仕様上、そういうふうには出来なくなったようである。しかし十分音は良い。

 

私はWindows時代に貯めたFlac音源があるのでiTunesを通さない使い方をしているが、この場合プレイヤー側で曲情報の変更などが出来ないため、曲情報タグをいじる場合iTunesから行わないといけない。この辺りはやや不便。

オリジナルのライブラリが見にくい&使いにくいため、基本的にはiTunes Integrated Modeで使うのが良さそう。

 

HD650を購入してから音楽をよく聴いているが、やはりいい音で好きな音楽を聴くのは良いですね。

iPad Pro12.9をケース無しで運用

iPad Proはサイズが大きいし、画面保護のことを考えてケースに入れて運用している人は多いんじゃないかと思う。

私も買ってすぐにケースを購入して入れて使っていた。

しかし、ケースに入れるとappleのミニマルなデザインを損なう感じがある。(iPhoneもそう)

 

なので昨日から外して使ってみている。

 

うーん、シンプルで良い。

カバーを外したら案外軽くて驚いた。ケースがあまりにも重かったのかなと思う。

ブラウジングをしながらなんとなく動画を見るときなんかはスタンド機能があった方が良い気もするが、文章を書くときは平らでちょうど良いですね。

 

最近のipadは画面に2アプリを表示できるのでバックグラウンド再生用にyoutubeをいちいち変なアプリ使う必要がなくて良い。

 

今のリュックにはPC、タブレット用の収納があるので傷の心配もあまりないし、しばらくこれでいいかな。

iPhoneXは流石に怖い。全面ガラスなので滑って落としやすく、何故だか画面に傷がつきやすいので、流石にケースに入れています。

 

このケースは3000円と安いけど、本革で質感がいいのでおすすめ。

今も外出先でiPadで更新してるけど、文章を書く分にはそこまで不便でないですね。外でちょっと書くには十分。

細かい作業はやりにくいですが…

iPad 投稿テスト

今iPad pro12.9インチで書いている。今まではカフェなどにmac book proを持って行っていたが、iPadで更新できればその方が楽である。

ソフトウェアキーボードは思ったより自然かもしれない。タッチタイピングは難しいが、キーボードと投稿画面が一緒なので割と早く打てる。

うちに通ってきている猫のピッピちゃん。

この子は病院に連れて行って避妊手術を済ませてある。しかしv字カットが右耳になってしまっている(メスは左耳のはず)

 

画像をいちいちDLしないでそのままup出来るので結構楽かもしれない。

ワードプレスの投稿画面もPCと一緒である。

iPhoneXのポートレートモードでヴァイオリンを撮影

iPhoneX、iPhone8はカメラにポートレートモードがあり、一眼レフ単焦点レンズの様な背景のボケた写真が撮れる。

 

これが中々良い感じで、私は綺麗な写真を撮りたい時はPENTAX Q7を使っていたが、iPhoneXで十分綺麗に撮れるようになった。

このヴァイオリンの写真は自室の蛍光灯の明かりで撮っているが、割と自然に撮れている。

 

 

 

横板を撮ってみた。この楽器は割とローアーチかな?

 

 

やや実物より茶色っぽい感じがするが、十分綺麗である。

 

この一枚がお気に入り。