Roland Rubix22 オーディオインターフェースのレビュー

オーディオインターフェースをBEHRINGER UM2からRoland Rubix22に変更した。

 

BEHRINGERのUM2は3000円前後という衝撃プライスで、コスパに優れているインターフェースであったが、ちょっと真面目に録音やDTMをすると不便な事が多かった。

まずノイズ、負荷がかかるとすぐバリバリ言う。6トラックくらいDAWでプラグインを立ち上げたらノイズだらけでまともに音が出なくなった。

レイテンシーもまあ値段の割には頑張っているが、リアルタイムでエフェクトを掛けるような使い方だと厳しい。

 

私はギター、ベースをラインで録音したかったので、掛け取りが出来ないのは少し困る。

 

なのでこの辺が潮時かと思い、使用頻度が減っていたWindowsPCとモニターのセット、アンプなどを売って資金にしてRolandのRubix22を購入。

 

RolandのRubix22にした理由は、メジャーなメーカーの一番新しい製品だったから。

 

オーディオインターフェースはよく分からないブランドだと怖い。相性問題などでサポートに連絡したりする時に、やはり大手のほうが心強いのである。

Rolandだと皆使っているし、レビューも多く、まずハズレが無いと思われた。

 

音が太い!

買ってきて開封、早速Macに繋いだ(Macはドライバ不要)

とりあえずヘッドホンで音楽を再生すると、非常に音が太い!

太いと言ってもぼやけている感じではなく、芯がしっかりしており、クリア。

音自体が広がりがあり柔らかい印象。しかし解像度も高い。

 

これは…まさにハイレゾ時代の音!

 

やはり新製品だけあって、音は最先端である。今まで使ったどのインターフェース、DACと比べてもダントツで音が良いと思う。

 

安定性も抜群

早速Logic ProXで運用してみたが、抜群の安定感で、レイテンシーも大分詰められる感じ。

Amplitubeの掛け録りでもはっきりクッキリした音で、リアルなアンプを弾いているようである。

BEHRINGER UM2の時はどうしても一瞬遅れて音が出る挙句、なんだかボヤけた音であったが、このRubix22を通すと非常にコシがありはっきりした音で、綺麗に録れる。

 

マイク録りはまだ試していないので何とも言えないが、ラインでここまで良いので多分良いのではないかと思う。

 

ここまで音が良く安定していると、ハードのシミュレーターは必要ないのでは?とも思う。

 

音楽再生時もクリアな音

音楽再生でも非常にクリアでいい音で聞ける。192kHz/24bit対応なのでハイレゾ音源も再生できる。

Audirvana Plusでアップコンバートした擬似ハイレゾでヴァイオリンのソロを何曲か聴いてみたが、きつい感じが無く非常に聴きやすく綺麗な音だった。

 

 DTM初心者にもおすすめ

Rubix22は1,700円前後と、スペックにしてはまあまあな値段だが、DTMソフトAbleton Live Liteも付いているため、初心者にもおすすめできる。

音の面では文句無しでおすすめなので、今までオンボードサウンドだった人はびっくりすると思う。

譜面ビュワーとして、iPad Pro(12.9インチ)とiRig BlueBoardを導入しました。

こんにちは、Yuukiです。

先日、iPad Pro(12.9インチ)を購入しました。

普通に考えたら12.9インチは非常に大きく、10.5インチの方がいいのでは?と思われそうですが、私は譜面ビュワーとして使うので12.9インチ一択でした。

12.9インチiPadはクラシックの譜面とほぼ同サイズ

世の中に出回っている楽譜は大体A4サイズくらいがほとんどです。オーケストラ譜等で大きいものもありますが、大体はA4サイズでしょう。

今までiPad airで譜面ビュワーとして使ったことも有ったのですが、あのサイズだと小さくて音符がよく見えませんでした。

12.9インチだと、ほぼ楽譜と同サイズなので、快適に練習、本番で使えます。

 

ビュワーアプリとしてはPiaScoreというものを利用しています。これが非常に便利なアプリで、PDFの楽譜以外にもJPEGファイルを楽譜として使うことも出来ます。

ブラウザ機能が付いており、そこでimslp等で直接クラシックの楽譜をダウンロード出来ます。

見てもらえば分かる通り、ほぼ同サイズです。

この量の楽譜を持ち歩くと重くて大変ですが、ipadだけ持ち歩けばよいので大変快適です。

 

iRig BlueBoardでワイヤレス譜めくり

更に、Bluetoothのmidiフットスイッチを利用すれば、足元からワイヤレスで譜めくりが出来ます。

私はiK MultimediaのiRig BlueBoardというスイッチを購入しました。

他にも対応しているフットスイッチもあるのですが、スイッチを踏んだ時に音がしない事と、Amplitubeなどのギターアンプアプリでも利用できることを考えて、iRig BlueBoardにしました。

 

サイズはコンパクトですが、各スイッチの間は踏み間違いのないように広めの間隔です。重量は軽く、持ち運びも苦にならないと思います。

 

接続に最初戸惑ったのですが、iPadのBluetooth接続で設定するのではなく、piascore側の設定でBluetoothデバイスを登録、これで出来ました。

 

Aスイッチでページ戻し、Bスイッチでページ送りです。

動画も撮ってみました。ラグもなく、スムーズに譜めくりが出来ています。

 

ヴァイオリンの練習をしていると、結構譜めくりが面倒で、フレーズの途中で譜めくりをしないといけなくて面倒な時があります。そういう時もこのセットでストレスフリーになります。

本番も本当は暗譜した方がいいのですが、何曲も弾くリサイタルでは全曲暗譜するのが大変だったり、どうも暗譜がしにくい曲、ニュアンスの指定が多い曲があると、譜面を見ながら弾きたいという時があります。そういう時も手を使わないで譜めくりできるので、この組み合わせは革命的だなと思います。

 

iPad Pro 12.9インチが64GBとiRig BlueBoardで合わせて10万円程度と、導入するにはやや高価ですが、譜めくりの問題は結構煩わしく思っていたので、導入して非常に良かったと思います。

 

練習もはかどるし、本番でも譜面を見て正確に弾きたいタイプなので、これで効率が上がればいいなと思います。

 

 

iPad自体のレビューもまた今度書こうと思います。

ワイヤレス充電器 Anker PowerPort Wireless 10のレビュー

こんにちは、Yuukiです。

 

iPhoneX、iPhone8で新機能としてワイヤレス充電が搭載されました。

私はiPhoneXを購入して使っているのですが、今までワイヤレス充電非対応の機種を使っていたので、充電器は持っていませんでした。

 

最初は必要ないかなと思っていたのですが、導入したら非常に便利だったので、紹介します。

 

Anker PowerPort Wireless 10

買ったのはスマートフォンのバッテリーや充電器などで有名なAnkerのPowerPort Wireless 10。

スタンド型の充電器も有ったのですが、平面の方が楽かなと思って、上に置くだけのタイプにしました。充電中に画面を確認するのはスタンド型の方が楽だと思います。

充電し始めるとLEDライトが青く点灯します。サイズもiPhoneより小さく、場所をとりません。

 

iPhoneXは中心からやや上の辺りにコイルがあるのですが、そんなに置く場所はシビアではありません。結構適当に置いても反応します。

充電した時のいつものバイブレーションが鳴るので分かりやすいですが、心配な場合は画面を見て確認したほうがいいでしょう。LEDが反応している時点で充電開始してるので分かりやすいとは思います。

 

使用して何日か経ちますが、非常に楽!本当に置くだけで良いので、デスクトップに置いとけば仕事の合間に常に充電したり出来ます。

 

コンセントにいつものUSB充電器を挿して、ケーブルで繋げばいいので、家、仕事先、車などで分散すれば充電不足に悩むことが無さそうです。

 

注意点として、Qi規格のみ対応なので、AirFuelのみ対応のスマートフォンは使うことが出来ません。ですが大体はQi規格なので、そこまで心配することでもないかなと思います。

 

いつも寝る時に充電ケーブルに挿して、使う時は外して…という手順が無くなるので、思ったよりストレスフリーです。

ケーブルを挿すのも大した手間では無いのですが、無線充電に慣れるとケーブルは面倒で、元に戻りたくなくなります(笑)

持ち上げれば充電解除、置けば充電開始。ただそれだけなので、ケーブルを挿してまた抜いて…とは雲泥の差です。

ケーブルよりは充電速度が遅いのですが、ちょくちょく置いておけば充電不足にはならなそうです。

 

一部スマホでは、コンセント側の充電器を急速充電対応にすれば、10Wの急速充電が可能です。しかしiPhoneは非対応とのことです。

 

安心のAnkerブランドで、値段もそう高くはないので、気軽に導入可能です。iPhoneX、8を所有してるけど、ワイヤレス充電器は持ってない、という人は是非試してみてください。

 

Mac Book Pro 2017(13インチ)のレビュー

こんにちは、Yuukiです。

去年Mac Book Proの13インチを購入して、サブPCとして使っています。

半年くらい使って、大分慣れてきて気に入ったのでレビューします。

高級感あふれる洗練されたデザイン

Apple製品特有の洗練された、高級感のあるデザインです。

このMacBook Proにはスペースグレイのカラーも有り、そちらも非常に美しいです。しかし在庫が無かったので、いつものシルバーにしました。

最近は色々なメーカーで洗練されたデザインの製品が増えてきていますが、やはりAppleが先頭を走っている感じですね。

 

タッチバーは無しで、日本語配列のキーボード。

かなり薄いキーボードで、打鍵感も独特なので慣れるまで時間がかかりましたが、非常に軽いタッチで入力できるため楽です。

 

トラックパッドも大きく、操作が楽です。Mac独特のタッチ操作ですが、やはり直感的に使えるので良いですね。

スピーカーのサイズが前のモデルより小さくなり、その分キーボードがぎっしり詰まってる感じです。しかし音質は良くなっていて、ノートパソコンとしては十分以上のサウンドです。

Retinaディスプレイは相変わらず非常に鮮明で、動画を見る時とか発色の良さに驚きます。

スペックは十分以上で快適

カタログの中で一番ロースペックなモデルですが、よほど重い作業をしない限り十分ではないでしょうか?DTM作業でギターを録音したりしましたが、それでも重くなることはありませんでした。4K動画編集などは厳しいかもしれませんが、少なくともブラウジング、軽い動画編集程度では全く問題ありません。(ファンが勢い良く回転しますが)

 

ストレージは120GBで、少し足りないかと思ったのですが今のところ大丈夫です。最近はiCloud等のクラウドストレージにファイルや写真を入れてるのと、このMacBookでは動画編集やDTMは基本やらないのでストレージに関しては十分です。

 

お気に入りのアプリiRealPro。ジャズやブルースのコードを再生してそれに合わせてギターの練習をしています。

 

タッチバーは無くても特に不便に感じません。有ったら有ったで便利かとは思うのですが。

USB-Cポートのみは使いづらい

唯一の不満点がUSB-Cポートが2つのみで、他にUSB、HDMIポートが無い所です。

USB-Cでそのまま接続できる機器がまだ少ないので、ハブを経由しないといけません。これが結構不便です。

充電出来るUSB-Cポートと、HDMI出力変換アダプターを挿せる所が一箇所しか無く、もう一つのポートは充電と画面出力が出来ません。

なので、クラムシェルモードにして充電しながら画面出力して……というのがそのままだと出来ないです。

HDMI出力が出来るハブが少なく、出来ても30FPSだったり(通常は60FPS)して、HDMI画面出力しながら作業というのが難しくなっています。

これだけは結構不満です。対応のハブも売ってはいますが、結構高価です。

 

まとめ

今はWindowsをメインPCとして使っていますが、Windowsは自作だし、安定感が無いんですよね。

アップデートした時に上手く動かなくて色々設定に時間を取られたり、いきなり電源が落ちたりと、作業時に不安な時があります。

でもMacは安定してるので、そういった不安がなく、非常に安心して使えます。

ブラウジングやちょっとした軽い作業時に重宝しています。

 

もちろん外に持ち出して使うときも便利です。私はあまり外でPC作業をしないのですが、持ち歩いているとちょっとした時間で色々出来るので便利ですね。

 

2018年1月のデスクトップ周り

こんにちは、Yuukiです。

去年の三月のデスクトップ周りはこんな感じでした。

大分変わったので、また晒してみます。

2018/01/28現在のデスクトップ周り

 

随分変わっています。殆ど全て変わっているので、細かくは紹介しきれません。

 

正面はこんな感じ。

デスクトップPCは、CPUとグラボをアップデートして、ケースも変えています。

CPU: Core i 5 7500

GPU: nvidia geforce GTX1050ti

にアップグレードしています。ほかは前と同じ。

 

モニターをAcerの4K、28インチのものにしています。4Kは非常に鮮明で快適! 大分モニターやグラボも安くなっているので、4Kも導入しやすくなっているのではないでしょうか。

 

ケースの上の蓋が本当は有って、スッキリ収まるはずなのですが、電源ケーブルが大きくてしっかり入らないので外しっぱなしになっています。

 

サブPCのMac Book Pro2017 タッチバーなし、13インチです。

外で作業する時や、家の中で移動する時、ブログ更新やネットサーフィンなどのライトな作業はこちらですることも多いです。Windowsよりも安定しているので、安心して作業ができます。(今はWindowsで書いていますが)

 

ギターはSuhrのStandard S2と、Fender Japanのストラトキャスター。

Suhrは本当に弾きやすく、サウンドも抜群!本当もっと早く買えばよかったと思います。

Fender Japanの方は借り物で、許可を取ってピックアップなどを変えています。ジャパンと言えどFenderの音がするので、半音下げにしてブルースなんか弾く時に使っています。ハードロックにも案外対応できて、懐の広いギターです。

 

練習と、ちょっとした録音はYAMAHAのTHR10を使っています。プラグインのAmplitube4をしばらく使っていましたが、レイテンシーが気になるのと音のデジタルっぽさがあるので、早くKemper辺りを導入したいところ。THRも音自体は結構良いんですけどね。最近の自宅用アンプでは一番音いいんじゃないかと思います。

大体こんな感じです。またなんか変わったらPC周り記事書こうと思います。

ギタリストにはBauhutte(バウヒュッテ)のゲーミングチェアがおすすめ

こんにちは、Yuukiです。

PC用に新しくBauhutte(バウヒュッテ)のゲーミングチェアをAmazonで購入しました。

ボロくなったPCチェア

 

私はデスクで椅子に座って作業することが多いので、リクライニング機能、高さ調節などがついているPCチェアをいつも使っています。

今まで使っていたPCチェアはニトリで買ったなんちゃってゲーミングチェアで、座面のクッションがダメになってしまっています。

猫に引っかかれ、表面が剥がれて、ドーナツ座布団でなんとかカバーしている状態……

あと、私はギターを弾くので、肘掛けが邪魔でした。角度を調整しないとギターを構えられないので、いちいち鬱陶しい感じ。

演奏動画を取る時もちょっと恥ずかしい状態なので、流石に買い替えを決意。

 

ゲーミングチェアが快適なのを思い出す

そういえば、最近はゲーミングチェアと言う物があります。

AKRACINGに代表されるゲーミングチェアは、FPSや格ゲー等のシビアの操作を求められるゲーム用に作られているので、快適性が良いです。秋葉原のPCショップでも良く置いてありますが、確かに非常に快適でした。

しかしAKRACINGやDXRACERはやや高価です。肘掛けもあるし、もう少し安いのがいいです。

 

そこで見つけたのがBauhutte(バウヒュッテ)のスチューデントPCチェアです。

このモデル、ちょうど1万円くらいでお手頃だし、デザインもそれっぽくていいし、何より肘掛けがありません。

Amazonプライムで2日で届くとのことだったので、注文しました。もちろん赤です(謎)

18日の夜に注文して、予定通り今日(2018/01/20)の朝到着しました。

大きなダンボールに丁寧に梱包されていました。デスク秘密基地計画は面白いですね。私もプライベートスタジオとか、そういうのに憧れがあるのでわかります。

 

中国製で、細かい所はやや雑に作られていますが、組み立てたら気になりません。見えるところは綺麗に作られています。

しかし組み立ての際に背もたれを固定するのが非常に大変だったので、一人だと組み立てが大変かもしれません。

 

座り心地は快適で、軽やかに動く

組み立てて座ってみると、結構各パーツ、それにキャスターの動きがスムーズで軽やかです。

剛性感はしっかりしていますが、肘掛けが無いのもあってやや軽量なのかな?という印象。

腰の部分に当てるランバーサポートも手伝って、快適な座り心地です。

もちろんギターを弾くのも快適です。いちいちギターを肘掛けに当てないように角度を調節する手間が無くて楽です。

デスクが引き出し付きで内側の高さが低く、いつも椅子を下げて収納していたのですが、肘掛けが無いため座面を高くしても収納できます。

バウヒュッテのスチューデントモデルは、ミュージシャンにうってつけのPCチェア!

バウヒュッテの他のモデルは大体肘掛け付きで、値段も高価なようですが、ゲーマーでないミュージシャンはスチューデントモデルで十分快適だと思います。

耐久性などはまだなんとも言えませんが、レビューを見ても概ね高評価なので、大丈夫じゃないかと思います。まあ1万円ちょうどなので、2年位持てば上出来かなと思います。

 

しかし、ギターやベースを人にとっては待ってましたという製品じゃないでしょうか。肘掛けがないで、リクライニング付き、地味すぎないデザインと、良い所だらけです。

もちろんギターを弾かないけど、ちょっと快適なPCチェアが欲しいという人にもオススメです。

黒はシックなデザインで、仕事場にも良いですね。

iPhoneXを買ったらやっぱり使いやすい

以前の記事で購入を見送ったと言いましたが、結局iPhoneX買いました。やっぱりアップル信者じゃん。

 

 

アップル信仰を辞めた記事を書いていますが、結局アップル製品の使いやすさは実感しており、新型MacBook Proもちゃっかり買っている管理人のyuukiです。(上の記事は結構人気記事)

それまで使っていたiPhone6がバッテリー膨張で使えなくなり、以前買ったNexus5Xを代わりとして使っていました。

GoogleネイティブなのでGoogleアプリが使いやすいな、Androidも結構い良いじゃん!と思いながらも、色々な部分でiPhoneのあの雰囲気が恋しくなり、iOS買うんだったらXでしょ!と思ったらApple Storeで注文していました。つい昨日のことです。

 

在庫があるようで翌日配送となっていましたが、Apple Storeで当日受取が可能とのことだったので、冬期休暇の父と車で銀座のストアに取りに行きました。

銀座Apple Storeは平日の夕方というのにめちゃ混みで特に外国人の方が多い印象。私はWebで決済していたのですぐ受け取れましたが、予約なしだと数時間待ちで店の外に並ぶようでした。

 

家に帰って開封の儀。

嬉しさ余って手ブレ

イヤホン(Lightning端子用)、充電セットです。あとヘッドフォンプラグの変換端子が付いています。

 

セッティングは以前のiPhone6を近づけたら同期できました。すごい!

しかし、この最初のセッティングをまっさらな状態からやるのが面倒ながらも結構好きだったので少し寂しい感じがします。新しいの買った!って感じがしてたので。

 

まだ丸一日使っていないので細かい使用感は書けませんが、思ったより普通に使いやすい感じです。特にFace IDは思ったより精度と使いやすさのバランスが取れていて、良いなって思いました。評判悪いらしいとか書いてすみません。

メガネを掛けてヘッドフォンをした状態で、ボーッとした顔でも認識してくれます。

LastPass等のロック解除もFace IDで出来るのが結構便利です。指とどっちが良いかというと、慣れや好みの問題じゃないかというくらいのレベル。

基本的にはFace IDで、画面か背面に指紋認証があるとかなり使いやすいのでは?将来的に両方備えた機種が出たら良さそう。

 

これはXに限らないですが、今まで6だったので、モバイルSuica等が使えるApple Payが便利です。クレジットカードは嫌いでデビットカードしか持っていないためあまり恩恵を預かっていませんが、それでもモバイルSuicaがめっちゃ便利です。Suica支払いのときってロック解除して開かないでいいんですね。(端末にかざすだけ)

 

カメラの性能も非常に満足です。上の写真は普通に撮っただけですが、部屋のライトにしては中々いい感じに撮れていると思います。発色が特にいいですね。(ヴァイオリンの方がより分かりやすい)

ポートレイトモードも凄いですね。膝に乗った猫を撮ったのですが、猫の顔にピントが合って他の部分はボケています。

ちょっとしたいいカメラじゃないと今まではこういう、背景がボケた写真は中々撮れませんでしたが、気軽にそれっぽい感じに撮れますし、インカメラでも使えるのが便利です。

 

個人的に一番満足度が高いのがこの背面。色はシルバーなのですが殆ど白です。

ガラスとステンレスフレームが非常に高級感があり、重量も相まって「なんか高級なもの」を持ってる感があります。

昔iPhone3Gが出た時が一番Appleにハマっていたときで、そのころ15歳くらいだったと思うのですが、MacやiPodのステンレスとガラスのコンビネーションが好きで仕方なかったのを覚えています。

上は2006年のiMacですが、結構この頃のデザインが未だに好きです。

意識しているか分かりませんが、透けたガラスに白というのがなんかそれっぽくて、懐かしさと同時に、やはりこのデザインは普遍だなと見るたび思います。

 

傷は付きやすいかもしれませんが、いつもiPhoneはケースを使わないので、よっぽどのことがなければそのまま使うと思います。結構Appleのガラス素材は丈夫で、画面も傷がつきにくいですし。

 

結局いつも長く使うスマホはiPhoneで、iOSの操作感は慣れ親しんでいるので、大事に使おうと思います。

 

そもそもスマホが出始めた頃に、私は真っ先にiPhone3Gを購入して、4、5、6、、と使っているので結局appleが大好きなことは否定できません。(7シリーズは使っていない)信者とか言うと言葉が悪いのであまり使いたくありませんが…ともかくApple製品が生活にマッチしているのだと思います。

 

とりあえず購入一日目で満足度が非常に高いのでこの記事を書いていますが、何か発見があれば書くかもしれません。特に何も書かないかもしれませんが、、

とりあえずiPhone XはApple好きの私にとっては現状ベストマッチです。