ヴァイオリンケースの中身を紹介

今日はヴァイオリンケースの中身を紹介。

人によって雰囲気が異なるヴァイオリンケースの中身ですが、Yuukiのケースの中身はどんな感じになってるのでしょうか。

 

まずケースの外側から。ケース自体はRIBONIのUNOEOTTOです。だいぶくたびれてきていますね。

サインはクリスティアン・テツラフさんとヴェンゲーロフさん、あとレオニダス・カヴァコスさんのサインが入ってます。カヴァコスさんのはほとんど見えなくなっちゃってますが。

 

開けてみました。結構ごちゃごちゃしてますね。右の方から見ていきましょう。

 

この写真はクリスティアン・テツラフさんと2ショットで撮っていただいたもの。2011年頃かな?テツラフさんもこの頃はまだ真面目そうなルックスですね。最近はちょいワル親父風です(笑)

左にある弦の袋はまた後で紹介します。

弓は二本ありますね。上がメインのオールド~モダン弓、無銘なのですがとてもしなやかで柔らかい音を出してくれます。でも運弓のテクニックが必要で、使いこなすまでだいぶかかりました。

下の弓はドイツ製のそんな古くない弓。重めで腰が強くしっかりした音が出ます。まあサブですね。

 

去年亡くなった猫のレイちゃん。思い出として写真を貼っています。

 

スカーフを開けると楽器が出てきます。なぜスカーフを敷いてるかというとカッコいいから(笑)あとはこのケースにはデッケ(楽器の上にかぶせる布)が付属していないため、弓の毛が当たって汚れたりしないようにというのもあります。

スカーフはクリスチャン・ディオールのシルク100%!母の私物ですが使わないとのことで借りています(笑)

 

このボロ布は灰色のほうが弦、本体の松脂を拭く専用です。青い方は東レのハイソフトという布で乾拭き用のもの。

松脂を拭く布は定期的に交換したほうが良いので、Tシャツの切れ端などを使っています。高いクロスをケチケチずっと使うよりどんどん新しい物に変えちゃったほうが良いです。

 

小物入れは松脂二種類、ギヨームとアルシェ201ソロを入れています。最近はギヨームばかり使ってますね。ギヨームは音が柔らかく、太くなるのでお気に入りです。

肩当てはなんだかんだ言ってウルフを使ってます。フォルテセカンド。フィット感が良いですねー、音も意外と悪くない…?

あとは筆記用具、ミュートなどが入ってます。ミュートは普通にトルテミュート

 

弦の袋が適当に散らばってますが…

中身は使い古しの予備弦。ヴァイオリンの弦は伸びるので、切れた時に新品だとすぐ弾けなくて困ります。使い古しなら伸び切ってるので、すぐ演奏再開できますね。

ゴールドブラカットだけ新品の弦が入ってました。

 

ちなみにスカーフを取るとこんな感じ。このケースは大分質素…というかシンプルですね。大分使っているので黒の部分が色あせて来ています。

 

こんな所ですね。まあ別段珍しいものは入ってないかなと思います。

他のプロの人でもペットの写真とか貼ってる人は多い気がします。でも本当に楽器しか入れてないような人もいるので、色々ですね。

 

そろそろケースも変えたいなぁ…

VISIONのHEAVY、結構良いかも…

先日から試しているヴァイオリン弦のセット、G、DがヴィジョンのHEAVYでAがドミナントのミッテルという組み合わせですが、当初の感想より良いかも?

というのも最近は8月のリサイタルの練習でショーソンの詩曲ばっかり弾いていたのですが、この曲が鳴らない鳴らない。

それで気分転換にプロコフィエフの協奏曲やチャイコフスキーの協奏曲など弾いてみました。

そうすると、GDの箱鳴り感がすごい!オールド楽器っぽいコーンと鳴るいい感じの音が出ていました。

 

D線ハイポジションなんか特にぶっとくて気持ちのいい音が出ています。

G線も中々良いですね。G線を試すときの定番、ツィガーヌの冒頭を弾いてみましたが、中々芯が太いコシがある音です。

 

ショーソンばっか弾いてると良さが分かりにくいんですけどね、普通の曲を弾くと結構良いのか、もしくは馴染んできて全体的に良くなってきているのかもしれません。

ドミナントは張って1週間くらいして馴染んでくるといい音になってきますからね、ヴィジョンも少なからずあるのかもしれません。

 

ドミナントのA線は本当万能ですね、GDオリーブでAがドミナントというのも定番だし、A線がいまいちな弦はドミナントに変えてしまえばOKという感じです。

ヴィジョンのA線はどうなんでしょう?普通のゲージだとまあ特に特徴のない音でしたが、HEAVYだとどうなるか気になります。といってもA線にそこまで強さ、太さは必要ない気もしますね。

 

そうそう、このヴィジョンのHEAVYのいい感じですが、ピーターインフェルドに通ずる部分があります。

ピーターインフェルドは全体的に太く艷やかな、リッチな音がしてて、音量もあるのでソロ向きです。このヴィジョンのHEAVYはピーターインフェルドほど色気は無いにしろ、芯の太さは似ていますね。

 

8月のコンサートの前にまた張り替えると思うんですが、多分ピーターインフェルドにします。エヴァ・ピラッツィゴールドも試してみたいのですが高価すぎるし、コンサートの直前に使ったこと無い弦というのもちょっと不安があります。

 

普段はこのGDヴィジョン(HEAVY)Aドミナント(ミッテル)で本番前はピーターインフェルドというのが良いかも。

 

E線はワーシャルブリリアントよりプリムリサの方が良いような気がします。ワーシャルブリリアントは張りが強すぎてやっぱり詰まった感じ、ブリリアントさは確かにあるのですが、ちょっと扱いづらい印象ですね。

とりあえずゴールドブラカットのストックがあるので、それを張ってからプリムリサを張るか考えようと思います。

MIDIキーボード買いました

さっきデスク周りの紹介の記事を書いた時にMIDIキーボード買おうかな…と書いていたのですが、記事を書いているうちにDTM欲が出てきて、MIDIキーボード買ってきちゃいました。

 

MIDIキーボードがデスクにあるだけでそれらしくなりますね。

このMIDIキーボードはM-AUDIOのKEYSTATION49というUSBバスパワーのシンプルなタイプのものです。まあ簡単なフレーズを弾いたり、シンセの音を打ち込んだりするだけなので、十分です。

なんとハードオフのジャンクコーナーで見つけました(笑)3000円。ジャンクで3000円はちょっと冒険ですが、まあそんな壊れる物でもなさそうなので行ってみました。もちろん普通に使えましたよ。

 

これで環境は整ったのでどんどん作曲しますぞ~~

Yuuki’sスタジオ 模様替えしました&機材の紹介【デスクトップ周り】

自室件スタジオを模様替えしました。

まあスタジオと言っても、デスク周りだけですけどね。

デスクの隣にラックを置いて、さらにその脇にモニタースピーカーを配置。

 

反対側は音楽鑑賞など休憩時間に使うソファ。革張りで高級感があり気に入っています。

 

デスクはこんな感じ。普通にWindowsのセットとオーディオインターフェイス、ヘッドホンなど。ヘッドホンのスタンドは100均のバナナスタンド(笑)

最近作曲のモチベーションが下がっていてMIDIキーボードを置いてないのですが、やっぱりあったほうが何かと便利ですねー、近々また買おうかな。

オーディオインターフェイスにはKemperのラインアウトがステレオで入ってきています。Kemper導入してから録音は全部Kemperを通しています。リアンプ機能は使わないでそのまま録音するのがほとんどです。

スピーカーはYAMAHAのMS-2500S。謎のスピーカーなのですが出音がモニターっぽい感じだし、MSなので多分モニタースピーカーなんだろうということでこれをモニターとして使っています。まああんまり大きな音は出せないし、MIXを詰めるときなんかはモニターヘッドホンを使ってるので、バランスを見るくらいですね。あとは音楽鑑賞に使ってます。

 

スタンドにかかってるヘッドホンはSENNHEISERのHD650。これは最高ですねー、観賞用ですが、本当に音がいいです。これで作業してしまうとなんでもいい音に聴こえてしまうのでモニターには使えませんが…

 

右のラックです。上段にKemper、その下にモニタースピーカー用のプリメインアンプ、一番下がWindowsの本体となっています。

Kemperはやっぱ最高ですね。これでギターの音に対する不満は完全に無くなりました。一度バンドのリハでスタジオに持っていったんですが、運搬が大変&セッティングにやや時間がかかるので、家練習&レコーディング用にしています。本当にクリアでハイファイな音ですねー。

 

真ん中のプリメインアンプはマランツのやつです。スタジオ用でなく普通の民生用なのですが、中々良いです。最近のデジタルアンプと比べると解像度などで劣りますが、なかなか太い音でいい感じ。ヘッドホンアウトがとても良いです。オーディオIFのRUBIX22はモニター的で正確な音なのですがややレンジが狭く、このマランツに通すとグワッと広がって温かみのある太い音になります。

 

Windowsはこの間自作したRYZEN機です。最初の頃より安定してきたかな?まあ普通のWindowsですね。ケースがガラスパネルになっていて中の配線などが見えるのがこだわりです。

 

手前のギターはメインギターのSuhrです。最近バンドもやってるので弾く機会が多いですねー。信頼できる頼もしいギターです。しかしボリュームポッドが調子悪いので、この後修理します…

 

足元にはKemper操作用のMIDIフットスイッチを置いています。BOSSのFC-50ですね。中古で3000円で買いました(笑)まあ普通に使えています。BOSSのスイッチは堅牢性があっていいですね。

 

ヘッドホン達。左上のFidelio M2BTは音は良いもののBluetoothと上手く繋がらなかったり、イヤーパッドがベロベロに剥がれて残念な感じ…

その下はオーディオテクニカATH-A900、名機ですね。あんま使っていませんが、音量が取りやすいのでミニプラグ端子しかないスマホやレコーダーの音を聴いたりしています。

右上はAKG K240S。唯一のモニターヘッドホンですね。これをRUBIX22に繋いでモニターしています。まあモニターの音ですね。

右下はJabra MoveというBluetoothヘッドホン。結構丈夫だし音もよく電池持ちも良い!電車に乗るときに使っています。

 

こんな所ですね。

最近は自作の曲はあまり作っていないでカバー動画を作ったり、バンドの練習ばかりですが、自作曲の制作もしていきたいですね、そろそろモチベーションを上げないといけないかな~と思っています。

カバー動画もいまいちな感じで、自分の成長にはつながると思うんですがあまりに再生されず…(涙)辛いのでやめようかなーとも思っています。

 

まずはmidiキーボードを買うところですかね~~

 

ということでデスク周り、自室件スタジオの紹介でした。

ストラトとSuhrのシングルコイル

メインギターとして最近はSuhrのStandard S2ばかり使っています。

やはり非常に使いやすいギターで、ある程度どんな音も出せるのでメタルからポップスまで幅広く使えるギターです。

 

今入ってるバンドなんかだとリアPUでヘヴィなリフを弾いたあと、クリーンに切り替えてアルペジオをやったりするときに、このフロント、センターのシングルコイルがちょうど良いんですよね。

 

でも欠点ではないですけど、ちょっと音が綺麗すぎるところがあるような気がしますね。

 

それでこの間家で赤ストラトを久しぶりに鳴らしたら、驚きました。

リアはダンカンのハムに変えてしまっているのでまあ普通にリアハムの音ですが、フロント、センターの音が結構強い!

 

Suhrよりかなり出力が高く、音量もあります。

そうそう、Suhrの欠点(?)はフロントPUが大人しいためメタルでの速いフレーズが弾きにくいんですね。

メタルの速弾きって、結構フロントを使うことが多いのですが、このときにコンプがかかったやや潰れてる音のほうが弾きやすいというか、雰囲気が出しやすいんです。

モダンなヘヴィメタルを弾く人はフロントハムにしちゃったりもしますよね。

 

この動画の大村孝佳さんの音なんかまさにコンプがかかった出力の高いシングルPUの音してますね。

 

おそらくコンポーネント系じゃなく、ヴィンテージ・Fender系の音がこういう感じなんでしょうね。

家の赤ストラトをKemperに繋いで、FriedmanのRIGで音出したら正にこの大村孝佳さんの音の感じでした。

Suhrだとこういう音は出ない・・・

 

うちのストラトはFender Japanで、しかもバスウッド。フロントPUは元からついてるそんなに良くないやつですけど、やっぱりFenderの音するんですね。

 

このストラトのフロントを歪ませて速弾きって、元々はイングヴェイがやってたことで、まあネオクラ系の音といえばそうなんですが、なんとも言えない気持ちよさがあります。

 

Suhrのフロントは良くも悪くもスッキリしすぎているので、やっぱり速弾きするにはFenderなのかなと思ったりもします。

大村さんはESPですが…

 

Suhrを弾いてるとフロントハムのギターが欲しいな〜と思ったりするんですが、赤ストラトのこのフロントの音があればいいかなって思いました。

 

いや〜大村さんかっこいい…

弦張り替え ~VISION HEAVY&Dominant~

先日弦交換しました。

おや、珍しい組み合わせですね。

今回はG、DをVISIONのHEAVY、通常より太い弦にしてみました。A線はドミナントのミッテル、普通の太さです。

今やってるショーソンの詩曲でE線のきらびやかさが欲しかったので、Eはワーシャルブリリアントという強めの派手な音の弦に。

VISIONのHEAVYは初めてですが、芯があって太い感じの音です。VISIONはナチュラルで音量もありとてもいい弦ですが、MEDIUMだとやや線の細さがあるので、HEAVYのこの音の太さは好印象です。

でもドミナントの方がこの楽器にはあってるかも…

 

ドミナントは寿命短いですが、いい音の時は本当に良くてこの楽器にも合った音色が出るので、それには敵わないかもという感じですね。

 

ワーシャルブリリアントは最近張ってたプリムリサより張りが強く、やや押さえにくい感じがしますが、やはり派手でいい音ですね。でもちょっと詰まった感じもするかも?ナチュラルな音って感じではないです。Eが強い楽器だと音がきつくなるかも。

 

このセットで8月に出演するコンサートのリハもやってみましたが中々良い感じ。本番の時はもうちょい色気がある弦の方が良いかもしれませんが、練習時はこのセットで良いかも。VISIONは寿命長いですし。

 

本番用は…ピーターインフェルド、またはエヴァ・ピラッツィが安定ですかね。去年のソロリサイタルではピーターインフェルドでいい感じでした。今年はどうしましょうか…

 

Adidas Stan Smith (Originals)

New Kicks!!

Adidas Stan Smithの復刻版です。

これは親しい友人が誕生日プレゼントにくれたもの。

実はこのStan Smithに至るにはストーリーがある。

 

まずこの写真を見ていただきたい。

このボロボロのスニーカー、これは私が中学生くらいの時に購入した初Stan Smithで、大事に履いていたのだが流石にもう限界までダメージが出てしまっている。

しかし結構愛着があり、捨てられずにクローゼットで保管していた。

見るも無残な姿である…

 

このボロStan Smithを大事に取ってあることをその友人が知っていたらしく、(見せたのか覚えてないが…)

新しいものをということでプレゼントしてくれたらしい。

 

いやー本当にありがたい!その友人は毎年プレゼントをくれるのだが、いつもセンスのいいアイテムを選んでくれて頭が上がらない。

今年は私がSNSなどにスニーカーの事をよくupしていたので、気を利かせてくれたようだ。サイズも問題ない。

 

それでこの頂いたStan Smithであるが、ABCマート復刻のものではなく、adidasオリジナルスの方を選んでくれたようだ。

 

アッパーの素材は柔らかい本革で、タンの部分は薄い革二枚を重ねてある。

ABCマート専売のものだとこの部分がクッションになっておりやや安っぽいのだが、このオリジナルスは中々高級感がある。

 

ここのadidasマークは色がついていない。

 

 

今年の誕生日は両親からはSUPRAのスニーカー、友人からはStan Smithと、スニーカーづくしとなった。

感謝の気持ちを忘れないで頑張っていこうと思います。