ソロ演奏してきました

8/18にコンサートでヴァイオリンのソロ演奏をしてきました。

響きがとても良いホールで、客席ほぼ満員と、とても良い環境で演奏できました。

最近ずっとスランプで本番で間違えてしまったり、緊張しすぎてしまうことが多かったのですが、今回は過度に緊張せず、良いパフォーマンスを残せたかなと思います。

動画も撮影しました。

 

楽器も良く鳴ってる感じだし、中々いい感じかなと思います。

この間張り替えたエヴァ・ピラッツィゴールドはやはり良いですね。上質で大きな音が出てるので、本番用としては素晴らしいと思います。

劣化も感じられませんし(まだ1ヶ月も経ってませんが…)長く使えればまあそこまでコスパ悪くもないのかな…?

 

次のソロの演奏は決まってませんが、来年の春辺りに小曲、本当に軽い短い曲メインのリサイタルでもやろうかなーと考えてるところです。

だいぶ舞台でのメンタルコントロールもうまく行くようになってきたので、これからはどんどん演奏の機会を増やそうかなと。

 

そのまえにギターでライブの案件がありますが…まあこちらはなんとかなるでしょう。

 

とりあえずはレッスンやレコーディングなど落ち着いた作業が多くなりそうなので一息つける感じです。

ヴァイオリンのフィッティング、パーツの重さと音質変化

ヴァイオリンのあご当て、ペグ、テールピースなどのフィッティングを交換すると音が大きく変化する事がある。

その他にも、アジャスターやテールガットなど細かいパーツでも音質変化が生じる。顎当ての金具の種類でも変わるらしいが、今日はそこまで突っ込まない。

 

まずフィッティングの材質にはメジャーなところで、ツゲ、黒檀(エボニー)ローズウッドなどが挙げられる。ツゲは一般的に軽く、黒檀は重い。ローズウッドは中間である。

材質によっても音は違うと言えるのだが、実際に試してみた所、ツゲは柔らかい音、黒檀は芯のある硬めの音に変化することが多い。

ペグはあまり音質変化しないのだが、あご当て、テールピースは大きく音が変化する。私はあご当てはともかく、テールピースを黒檀またはブラックウッドなどにすると音がきつい感じになるのが嫌なのであまり使わない。楽器はほとんどツゲのフィッティングを付けてることが多く、たまに黒檀など気分転換で付けるのだが結局ツゲに戻している。

 

ツゲのフィッティングでも密度、重さなどで音の変化が生じる。もちろん楽器にもよるのだが、一般論で書いてみる。

重く密度が濃いツゲのフィッティングを楽器に付けると、しっとりとした柔らかめの音で、やや音量は小さくなるが、広がりがある音になりやすいと思う。

対象的に裏掘りなどがしてあって軽いツゲのフィッティングを使うと張りがある音になり、ハイが出るようになる。

 

今自分の楽器はオールドの方は重いクローソンタイプのあご当てを付け、テールピースは色の濃い年季の入ったもの。密度は詰まっている感じ。ペグは入手したときから付いているローズウッドのこちらは密度が薄いタイプ(ペグ穴が広がりすぎてブッシングをしないといけないのでそのまま)アジャスターはゲッツのものを付けている。

このオールドはなるべく柔らかく、しっとりした音を出したいのでこういうセッティングになっている。黒檀のテールピースや軽めのツゲのテールピースも試しているが、中途半端に明るくなってなんかパッとしない音になってしまったので、この楽器には重い部品が合っているようである。

 

それに対して新作の方は、軽いストラドタイプの顎当て、比較的新しい色の薄いテールピースを付けている。こちらもアジャスターはゲッツ。ペグやエンドピンもすべてツゲである。

新作の方は健康的にカーンと鳴るようにしたかったのだが、まあまあ狙い通りである。もともとフィッティングは全部黒檀だったのだが、ツゲに変えている。しかし黒檀のときも悪い音ではなかったと思う。(見栄え的にツゲのほうが合う)

 

オールドなどで柔らかい音の楽器はその柔らかさを生かして重めのツゲフィッティングを付けてみるのが良いのかもしれない。

 

このフィッティングなどの重さ、材質で音色が変わる理屈は私には良くわからない。体験的にこうというのはなんとなくあるのだが、ヴァイオリンの音はいろいろな要素が混じり合いすぎているためなんとも言えない。湿気によっても違ったりするし。

 

オールド名器にはツゲのフィッティングが付いていることが結構多い。まあオールド名器ならどのフィッティングでもいい感じに鳴ると思うが、ツゲの柔らかさが合っているのだろう。オールド名器の音は柔らかく繊細で、ローからハイまで良く鳴るため、クローソンなどの密度の濃い重いフィッティングがあってるのだろう。

 

フィッティングの世界も奥が深い。

エヴァ・ピラッツィゴールドを張ってみた 録音あり【弦のレビュー】

コンサートが近くなってきたので、弦を張り替え。

以前は本番用でピーターインフェルドを良く張っていたのですが、今回は思い切って評判の良いエヴァ・ピラッツィゴールドにしてみました。

エヴァ・ピラッツィゴールドはガットのオリーブの次に高価な弦で、セット一万円以上するのでちょっと手を出してなかったのですが、かなり評判は良い様子。

どのレビューでも強い音で、なおかつ太いしっとりした音ということは言われていますね。

 

まず届いて張ってみた感じですが、やはりテンションが強い。ヴィジョンのHEAVYと比べても明らかに強く、触った感じが違います。

音を出して見て思ったのは、エヴァ・ピラッツィらしさは結構あるなと。エヴァ・ピラッツィほどではないがあの派手な感じも内包している印象です。

音量も大きく、芯も太いどっしりとした音。張ってすぐこれは良い!という驚きはありませんでしたが、確かに良い感じ。

この芯のしっかりした感じと柔らかさはオリーブを彷彿とさせますね。

 

あと圧力に対するレスポンスも良いです。ドミナントなどは圧力をかけすぎると潰れるのですが、このエヴァ・ピラッツィゴールドは潰れないで強い、密度の詰まった音が返ってきます。

左手のビブラートや、指をベタッと寝かせたときの反応も良好で、表現が自由にできるという感じ。

 

3日くらいたって馴染んできたのか、更にしっとり感が増え、落ち着いたしっかりした音になってきました。

E線もステンレススチールで、なかなかいい感じですね。輝かしい強い音が出て、他の弦とのバランスも良いです。

 

軽く録音してみました。リバーブかけた以外は音はいじっていません。

 

比較してみましょう。バッハのシャコンヌの冒頭。うまく鳴らすのがやや難しい曲ですが、どうでしょうか。

まずエヴァ・ピラッツィゴールド

次がビジョンHEAVY、ドミナント、ゴールドブラカットのセットの録音です。

 

ヴィジョンのセットはちょっとこもった感じというか、柔らかさ、広がりはあるけどちょっと抜けない感じですね。

エヴァ・ピラッツィゴールドの方はちゃんとハイが出ていて、硬いところもあり、しっかり抜けている印象です。

まだ張ったばかりで評価が固まっていないのですが、まあなかなか良いんじゃないだろうか?という感じ。値段を考えるとどうだろう…正直ピーターインフェルドでも良いような気はしますね。ピラストロのハイエンド弦に共通する華やかさ、音色のコントロール性の良さは感じられるのですが、絶賛するほどでも無いかもしれません。結構長寿命らしいので、そのへんは嬉しいですがどのくらい持つのでしょうか。4ヶ月くらい持てばまあ良いかなと思っています。

まだ3日目なので、これからすごく良くなることもあるかもしれませんが、とりあえずまあファーストインプレッションはそんなところですね。

夏の快適なサンダル選び〜プーマのポップキャットを買いました

今年の夏は暑いですね!

私の住んでる埼玉では連日気温が40度近くと非常に暑くなっています。

こうも暑いと家の中で涼んでいたいですが、外に出ないわけにも行かないので、なるべく涼しい服を着て外出したいところです。

 

私は最近は無地の白Tシャツにハマっていて、ヘインズのビーフィーTという厚手のTシャツを着回しています。

 

身長が176cmで、やや筋肉質なのでLを選びましたが、ちょうどいい感じです。

 

だいたいこの白無地Tシャツに、短パン、サンダルという格好でコンビニや近所のイオンくらいは行ってしまうのですが、

このサンダル選びが意外と難しい!

 

何年か前にビルケンシュトックのサンダルを買ってしばらく夏のシーズンは履いていたのですが、だいぶボロボロ…

表は味が出ててなかなかいい感じなのですが、

かかとのあたりのソールが削れすぎて、コルクの部分も削れてしまっています。上のソールも横が剥がれてたりと、そろそろ引退させないといけないですね。

 

しかしビルケンシュトックは高い!履き心地は最高ですがサンダルに1万円出す余裕が無かったので、次はクロックスを買ってみました。(去年)

 

流石にこれは…?本当にコンビニくらいだといいかもしれませんが、外に履いていくにはやや厳しい。田舎のヤンキー感があります。

履き心地は悪くなく、サンダルというより靴っぽい印象です。しっかりしてるし、モノはいいんですけどね。

 

そして今年、クロックスはやめよう!と思って新しいサンダルを選ぶのですが、最近の流行のシャワーサンダルが気になってきました。

流行っていて、定番なのはナイキのベナッシというサンダル。

お洒落さんたちはこのベナッシを履いてることが多いようです。

今のトレンドはスポーツミックススタイル、カジュアルスタイルにスポーツブランドのアイテムを取り入れたりするのが今どきっぽいようです。

ナイキ、アディダスが特に人気ですね。シャワーサンダルもナイキ、アディダスが人気のようです。

 

それでずっとベナッシを買おうかどうしようか迷っていました。あのデザインで3000円なのでちょっと勇気が出ず、高いわけじゃないんですが、節約もしたいし…

 

それでうだうだ悩んでるうちにGUで買い物をする機会があり、そのときに1500円でシャワーサンダルがあったので買ってみました。

 

ちょっとラグジュアリーっぽさもあるし、良いかな?と思っていたのですが、履いてみると…

この足の甲を包む部分にクッションが無くて痛いんですね、イオンを歩き回ったらかなり痛くなってしまいます。

まあやはり安物に飛びつくと駄目ということですね。このサンダルは庭で履くようにします。

 

ということで、ちゃんとしたスポーツブランドのシャワーサンダルを買おう!と思って、選んだ結果…

プーマのポップキャットというサンダルを買いました!

ベナッシとこれでちょっと悩んだのですが、ABCマートでこちらは2000円、それにたいしてベナッシは3000円と、1000円の差があります。どちらかというとナイキの方が好きですが、1000円の差額を出すほどではないのでこちらのプーマのサンダル、ポップキャットに決めました。

デザインも今どきっぽくてなかなか良いのでは無いでしょうか。

サイズは27cm、普段28cmの靴を履いているのでやや小さい感じもしますが、ガバガバするより良いので良いとしましょう。

ちょっと足の甲の部分が低いかな?でもクッションが付いているので、不快感はありません。

この味も素っ気もないスポーツサンダルという感じですが、まあ何が流行るかわかりませんね。

というわけで、今年の夏にちょい出かけるときはこのプーマのシャワーサンダルで出かけようと思います。

イーバイクは日本で流行るのか?

上の記事を読んだとき、「そもそもイーバイクって?」と思ったが、いわゆる電動アシスト自転車のスポーツ自転車版と思えばいいらしい。

クロスバイクやロードバイクに電動アシスト機能を付けて、快適に速く走れる自転車…との事で、ドイツを始めとするヨーロッパの国々では結構流行ってるそう。

 

日本でもイーバイクはたまに自転車店で見かけるが、こんなの誰が乗るんだ?と思っていた。クロスバイク、ロードバイクならそもそも軽やかにスピードを出して走れるのに、わざわざ重くしてどうするんだろう?高いし(大抵20万円オーバー)…と思ったが、ドイツでは事情が違うようである。

平気で50km/hくらいスピードが出るらしいし、事故が問題になっているとも。

要するに、電気で走る原付みたいな物で、自転車というよりバイクに近い括りですね。

 

だが、日本に輸入される、または生産されるイーバイクは速度制限があり、確か25km/hを超えるとアシストがストップし、大したスピードが出せないらしい。

 

荷物も少し積めて、原付くらいのスピードで快適に走れるのだったら確かに流行するのもわかる。20万円オーバーは高い気もするが、バイク代わりになるならまあいいかと思って買う人も多そうである。

しかし日本の仕様だとどうなんだろうか?普通のクロスバイクやロードバイクで30km/hって別にそんなに苦労しないで出るし、軽さが命と思ってるローディー達には売れないだろう。10万で十分ハイスペックなクロスバイクが買えるのに対して20万オーバーである。20万あればカーボンロードのそこそこのやつ買えるって。

 

そう考えると購買層はガチのローディーというよりは自転車通勤族のサラリーマン、学生、または女性サイクリストあたりだと思われる。

通勤で荷物があるとロードバイクでもやや負担があるし、着替えなども必要だが、電動アシストで楽に乗れればスーツのまま走っていけるかもしれない。女性サイクリストであまりガチなのは嫌、または疲れるのが嫌という人にも向いているかもしれない。

 

10万代に値段が落ち着いてくれば日本でも売れるかもしれないが、今は出始めなのでまだまだ流行らないような気がする。実際に乗ってみてないのでなんとも言えないが。(先日までイオンの自転車売場に合ったので試乗しようかと思って今日行ってみたら置いてなかった。)

 

※追記

勘違いしていたのだが、基本的にイーバイクの括りで扱われるものはモーターのみでは動かないようである、25km/hでアシストがストップというのも全世界共通の仕様だそう。

その他のモーターのみで走る、免許が必要などのものはイーバイクとは呼ばれないらしいです。

MacBookProをクラムシェルモードでデスクトップ的に使う

先日CubaseがWindows上で起動できなくなったと記事を書きましたが、仕方がないのでMacで起動することにしました。

デスクトップはDTMデスクとしてスピーカーとかも置いてるので、なるべくそこで作業したかったので、この際Macをメイン機として使うことにしました。

 

散らかっていてすみません。

私のMacBookProは2017年モデルで、USB−C端子が二個あるのみでいろいろ汎用性が低いです。

なのでHDMI出力があるUSB−Cハブを購入しました。

 

実はUSB-Cのハブは持っていたのですが、規格上充電しながらHDMI出力が出来ないタイプのものだったので、買い替えました。

これですね、そもそもHDMIの端子がないので、右側のAnkerのHDMIアウトケーブルをかます必要があったのですが、これが駄目でした。

左側のハブのUSB-C端子は二個あるのですが、HDMI出力と充電が対応しているのが上側の端子のみで、下のUSB-C端子はUSB接続のみ対応のようで、結果充電しながらHDMI接続が出来ず、クラムシェルモードに出来ないという状態でした。

このハブとケーブルだけで1万円くらいかかったんですけどね…Appleのシンプル主義はちょっとやり過ぎじゃないかなとも思います。iPhoneにイヤホンジャックが無いのも不便ですよね。

 

というわけで新しく買ったハブはHDMIアウトが最初からあるので、解決です。

 

あとはキーボードとマウスの設定がややこしく、Windowsのキーボードを使うにはKarabinerというアプリケーションで設定が必要です。ややこしいので説明は省きますが、なかなか便利なアプリで、写ってるロジクールのトラックボールのスクロール設定も出来ます。

ロジクールのこのトラックボールは元々スクロールが出来ないのですが、アプリで設定すれば右クリックをしながらボールを動かすことで可能です。しかしあまり細かい挙動の変更は出来ないので、スクロールの加速を切ることができず、ここがやや不便ですね。まあトラックボールじゃなきゃ駄目という事もないので(DTMする人っぽいという理由w)Appleのマウスとキーボードを揃えるのもいいかもしれません。

 

ストレージが少ない問題はWindowsのHDDを引っこ抜いてUSBのドックで接続しています。しかしそのままだと読み取りが出来ないので、有料のアプリNTFS for Macというアプリを使っています。こうすればWindowsのフォーマットのままMacでHDDを使えるため便利です。

しかしこのアプリだと写真アプリでライブラリをHDDに設定できず、一眼レフで撮った写真を一度Mac本体のストレージに保存するしかありません。Nikonのアプリはうまく使えないので純正の写真アプリで管理するのですが、ここがやや不便といえば不便。まあiPad、iPhoneでの共有が楽なのでまあいいですが。

 

まあ、Macの安定性はやっぱり良いです。Windowsも不安定というほどではないのですが、Macの安定さは抜きん出ていますね。ファンも高負荷時しかうるさくならないので静かです。スペックはWindowsに劣るので重い作業はやりにくいと思いますが、まあ今の所十分です。このMac最近あまり使えてなく持て余し気味だったのでちょうどよい感じです。

Cubaseが起動しなくなった…

DAWソフトはしばらくCubase8.5 Proを使っていたのですが、突然起動しなくなりました。

この「初期化中:WaveShell1~」が表示されたところで止まってしまいます。

以前はここでWAVESのライセンスが無効ですみたいな表示が出て、スキップすれば良かったのですが、その表示も出なくなってしまいました。

WAVESのプラグインはPRSのアンプシミュレーターのデモ版を入れていて、それの試用期間が過ぎたので警告が出ていたのだと思いますが…

WAVESのプラグインを全部アンインストールして、表示に出ているWAVEShell1-VST3 9.92~のファイルを削除しても起動できず…

 

Cubase自体を再インストールしても駄目でした。

 

メタルっぽいギターインストとアニソンっぽい感じのロック曲を作っていた途中だし、Cubaseは何かと使うので非常に困るのですが…

 

もうちょっと色々やって駄目だったらサポートに連絡してみます。それでも駄目だったらStudio OneのArtistあたりを買いますかね~

 

困った困った。